ヘッドホン祭2011春 試聴レポート

行ってきましたよ。
ヘッドホン祭の参加は今回が初めてでした。
さすが日本最大級のヘッドホン・イヤホンの祭典。外苑前3番出口の階段の時点で須山カスタム、DT1350リケーブルの方が。
あの1350はどこかで見たような・・・
因みに自分はUERMを付けていきました。

会場に到着後、とりあえずフジヤ物販の列へ。特別お目当てがあったわけではないのですが、いつか欲しいなとは思っていたアレが激安でまだ残っていました。
「どうしよう・・・どうせいつか買うなら、今この激安のときに買っておいたほうが・・・でもなぁ、最近いろいろ注文したしなぁ・・・」


















HD800 02
IYHOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!

はい。やっちゃいました。これについては後日・・・



で、今回の祭の目的のひとつ。カナルワークスさんの新型シングルドライバーCW-L01を試聴。
ん~・・・悪くは無いんだけど、いまいちパッとしない。ER-4Sを意識していた割りにそこまで尖った特徴が無い。良くも悪くもシングルドライバーっぽい音。
まぁ、試聴機はユニバーサル型だし、イヤーピースの装着もうまくできてなかった可能性もあるのでなんともいえません。
こんなこと言っといてそのうち買うかもしれませんが・・・

その他にもUE 18Pro、JHの5Pro、10×3、須山MH334を聴いてきました。
個人的に気に入ったのはUE 18Pro。音場が広く、UEらしい音。
評判を見た限りではもっとカマボコな音を想像していたが、そうではなく、全体的に(特に中域)濃い目で分厚い音。
しかし、こもった感じは無く、中高域~高域が綺麗に、クリアに聞こえる。
これは欲しい。。。

JH 5Pro、10×3は13Proと比べると、各帯域の音量バランス・音の傾向は概ね同じ方向でした。高額になるにつれて、細かい音の拾いやすさ・音の輪郭・分離が良くなっていく傾向にあると思いました。基本性能が上がっていく感じ。
そのため、上位機種を持っている人は下位機種との使い分けは難しいかな?
言い換えれば、5Proのコスパはかなり良い。試聴機の時点で各社のユニバーサルハイエンドよりも明らかに高性能。
手ごろな価格で弱ドンシャリ傾向のカスタムが欲しい人にはオススメ。でも代理店は通しちゃダメ!ゼッタイ!
7、10、11、16については聴いていないのでわかりません。また、耳型に合わせて作った完成品とは音が違うので、実際は結構違うのかも。

須山334はフラットなバランス。悪くは無いがいかんせん価格が強気すぎる。他にもっといい選択肢がある。

ユニバーサル型についてはwestone1・2、UM3X、UM2、image x10、EarSonic SM3v2、SM1、HidefJax、SE215を。

westone1・・・悪い意味でシングルドライバーの音。レンジ狭い・全体的に曇った音。長所はあまり見つからなかった。
westone2・・・目立ったピーク、ディップが無く、バランスが良い。強烈な特徴は無い。低音は量こそwestone3が圧倒しているが、質感は近い。そういう意味ではwestoneの音。今のフジヤアウトレット価格ならアリ。
因みに会場のフジヤ物販では15,000円(3は30,0000円、4は40,000円)でした。シネックスブースでは3が29,800円、2とUM2、UM2RCが19,800円だったかな?UM3X、RCは無し。
UM3X・・・秋葉淀で聞いたときとは全く違った。淀のやつは異常に低域~中低域が張り出していて、高域がマスクされまくりだった。たぶんあれ壊れてるんじゃないの?
会場で聞いたものは、低>中≧高のバランス。低域強めながらドンシャリのwestone3より聴感上では解像度が高く感じた。
秋葉淀の印象があったから、かなり見直した。そのうち買うかも。
UM2・・・傾向としてはUM3Xに似ている。低域の量を除けば下位互換といえるかもしれない。UM3Xを持っていれば必要ないかな・・・

image x10・・・何度か試聴したことがあるが、印象は変わらず。シングルドライバーとしてはレンジは広いほうだが、マルチドライバーと比べるとやはり狭く感じる。また、全体的に曇った印象。個人的にあまり好きじゃないかな。

SM3v2・・・SM3が結構気になっていたので試聴。v2になってケーブル着脱可能になった。また、ハウジングがwestone3っぽくなったが、つくりは安っぽくなった。ハウジングに関しては無印のほうが良かったんじゃないの?
音に関しては良かった。UM3Xに近いという評判に概ね同意。一番違ったのは音場が広くなっていること。また、低域の量はほぼ同じくらいで、少し締まりが出た感じ。個人的に好印象。ただ、UM3Xと比べると価格がネック。無印の方はv2発表と同時に値下げされた模様。
SM1・・・壊れてた。音がおかしい。

HidefJax・・・評判通りの良機種。ドンシャリめで、爽快感のあるクリアーな高域。この価格なら買って損は無いでしょう。
ただ、音漏れは多めで筐体も重い。音質的には問題なし。

SE215・・・予想外に良かった。バランス的には低≧中≒高だが、極端な強調は無い。篭りもあまり無く、ハウジング・ケーブルのつくりも手を抜いていない。これは欲しい。フジヤ物販では8,000で売ってた。買っとけば良かったなぁ・・・
この辺の価格帯では、SE215、image s4、HidefJaxがオススメ。(s4については所持しているので、後日レビューします。なかなか特徴的で面白い音です。)

ヘッドホンはDT1350、DJ1pro、PS1000を。
DT1350・・・正直あまり覚えてないです。すいません。弱ドンシャリだったかな?音の質はT50pに近い。T50pの音は割りと好きなので、選択肢には入る。ポータブル機種なら今のところDT1350、T50p、HD25の3強かな。ん?edition8?

DJ1pro・・・高>中≧低。逆ピラミッド。ULTRASONEらしく、鋭い高域で特徴的な面白い音。価格的にも安くなってきてるし低音厨で無ければアリ。

PS1000・・・重い。重いと言われているMS-2(SR325)が許容範囲内だったからナメていた。音については、自分の音源を使えなかったためよくわからなかった。改めて聴いてみたい。

話題のHP-P1とsoloも聴いてみたZE!
HP-P1・・・解像度高い。確かにiQube並みかそれ以上。味付け少な目でフラット。なかなか良いと思う。ネックは電池持ち。中の人によると7時間くらいらしい。

solo・・・アナログアウト⇒fi.Qの構成で試聴。iPod内蔵DACと比べると、一聴して解像度の上昇を感じる。また、低域に力強さが出て、よりローエンドまで伸びるようになる。海外価格なら良いと思う。問題は入力と出力が逆であること。この辺が改善されればもっと売れると思う。あと電池持ちもね。


祭は初参加でしたが、総評として、ULTRASONEのお姉さんがめちゃくちゃ綺麗だry・・・いろいろ試聴できて面白かった。ただ、人の列が何の列なのかよくわからなかったり、身内で7Fフリースペースを一日中占領し、騒いでいたのはどうなのかと。更にそこで寝たり、食べ物を食べだしたりしだす始末。
次回は運営側にその辺を改善して欲しい。


是非秋も参加したいが、去年の日程を見ると自分の担当の仕事をぶつかりそう・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link