スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unique Melody CK10x3 ファーストインプレッション

CK10x3 03

注文していたCK10x3が届きました。
フェイスプレートの色はLime green (translucent)です。色自体は見たこと無かったのですが、名前で決めました。
グリーン系ならいいかなと。
本音を言えばもっと濃いほうがよかったけど、まあよしとする。

注文から約1ヶ月で到着。

CK10x3 01
今回はなぜか箱入りで到着。
今までリシェルとアップグレード品はセミハードのポーチとf特グラフがビニールに入っていただけだった。たぶんたまたま。
中身は以前と同じで、くりぬいたフォームが入っていたりはしなかった。


CK10x3 04
フィットは良い。
以前作ったIEM(Mage・ER-4S・10Pro・W3)と同じ耳型を使ったが、その中では一番装着感が良い。


CK10x3 05
中身。(写りが悪いのはご了承ください。)
追加されたドライバーはLowを担当するCI22955
予想はしていたが、これでドライバー構成とWay数はWestone3等と同じものになった。(TWFK+CI22955の3Way)


CK10x3 02
f特。
これだけ見れば、低域のフラットさはなかなかのもの。CI22955が優秀だからかな?


CK10x3 06
残骸の一部。
元のケーブルの芯線はカスタムIEMの中身に使われているようなものを少し太くしたヤツだった。まあ普通。



以下簡単な印象。試聴にはAHA-120を使用。
・バランスは高≧低≧中か高≧低≒中といったところ。高域寄りのフラット~高域寄りの弱ドンシャリ。
・低域の質はBAユニバーサルハイエンドを圧倒しているが、JH13と比べるとさすがに音の輪郭と情報量は劣る。又、ボワつきは全く無いが、硬めの音の1964-Tと比べるとほんの少しだけ緩め。他と比べると十分タイトな部類に入る。
・低域~中域はほぼフラットだが、高音厨と思われる自分には少しだけ低域が多く感じる。一般的には低≒中に聴こえると思う。
・中高域~高域が強調気味だが、1964-Tより強調している帯域が少し下の帯域。強調される帯域はCK10と近い。
・各帯域の音量バランスもCK10+低域というイメージ。CK10に低域が欲しいという人には意外とイメージ通りの音だと思う。
・高域の音色はCK10と少し違う。刺さりがかなり抑えられ、情報量が圧倒的に高くなっている。ただ、強調されている帯域は近いので意外とCK10っぽさはある。
・全体の解像度は1964-Tと同レベル~気持ち低い感じ。ほぼ同じといっていいが、各帯域の音量バランスによってそう感じるだけだと思う。人によっては逆転してもおかしくない。そのくらい微妙な差。
・意外と音場が広かった。と言っても特別広いわけではなく、CK10をイメージしているとそれより広いということ。他カスタムと比べれば、だいたい同じだが、一部の音が遠くから聴こえる。


ドライバー追加のアップグレードは基本的に別物になると思っていたが、これはCK10強化版といえると思う。
まあ実際にはUE700・DBA-02・q-JAYSは全てTWFKらしいので、同じものになると思う。
自分はUE700を試聴しただけで、他2機種は聴いたことが無いので、CK10強化版ではなく、UE700強化版と言った方が近いかもしれないしDBA-02強化版かもしれない。
TWFKを使用した上記機種の強化版を望むなら良い選択といえるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

低音について

低音についてなのですが量が一番近いユニバーサルはありますでしょうか?
それと10proと比べてどうか教えて頂けたら幸いです

Re: 低音について

手持ちのユニバーサルで量が近いのはEX800STあたりですね。多すぎず少なすぎずといったところです。
10proよりは少ないです。

No title

ありがとうございます
EX800程度ですか

Re: No title

おやじんさんこんばんは。

あくまで量で言えばですけどね。
DとBAなので質は勿論異なります。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。