cMoyBB v2.03が届いた。

cMoyBB v2.03 02

注文していたcMoyBB v2.03が到着しました。

7/22 注文&支払い。数時間後に発送。発送方法はUSPS First Class Internationalを選択。その他も選択可能。
7/29 ポストに放り込まれてた。

注文から発送までが恐ろしく早い。
JDS Labs側の問題ではないが、荷物を追跡してもほとんど動いていないのにいきなり到着していた。


cMoyBB v2.03 01
左上のプチプチ付き封筒の中にビニール入りの本体と簡易マニュアル(A4一枚)が入っていた。
本体を包んでいるのは静電気を防止する袋。
本体はかなり軽く、体感ではMinibox-ESと同じくらい軽い。


cMoyBB v2.03 03
左から電源兼ボリューム、IN、OUT
ボリュームを回すだけでは電源が入らず、OUT端子にイヤホン等が刺さっていないと電源が入らない仕組み。
電源ON,OFF時のポップノイズは小さい。電源ONのままイヤホンを抜くと大きめのノイズと共に電源OFFになる。
他のアンプでポップノイズ回避のために電源ON,OFFする前にイヤホンを抜いている人は要注意。
素直に刺したままON,OFFした方がダメージは少ないと思う。


cMoyBB v2.03 04
裏側。
当たり前だけど、まんまミント缶。


cMoyBB v2.03 05
中身。
付属の電池は充電式じゃないから充電しないように。
opampはOPA2227PA。デュアルタイプのものをローリングできる。
opampの下に付いているスイッチがBassBoostスイッチ。初期状態はOFF。
側面には電源表示LEDとDCジャック。
LEDは青色で、かなり明るい。Minibox-ES並みの明るさ。
ACアダプターは9V~24Vまで使用可能。Minibox-ESのが使えた。(18V)


cMoyBB v2.03 06
帰宅時にfi.Qを使っていたので、大きさ比較。cMoyBBの下はSR-71A
SR-71Aより薄い。


cMoyBB v2.03 07
側面。
長さはSR-71Aとほぼ同じ。


cMoyBB v2.03 08
ちょっと聴いてみた。

・IEMで使うとゲイン高め。DIYページを見た感じだと+6dBっぽい。Mage、須山435でもギリギリギャングエラー回避まで回せる。はじめはギャングエラー大き目で厳しいと思ったが、電源を切ってボリュームを何度か回したら何故かほとんど無くなった。
・低域少し強め。しかし、ローエンドが出るようになるわけではない。
・解像度はあまり高くない。直前にfi.Qを聴いていたからかなり落差を感じた。しばらく間を空けてから聴いたがやはり所持している他のアンプと比較しても高くは無い。ただ、iPod直と比べれば全然良い。
・音場もあまり広くない、Minibox-ESと同じくらいか若干狭い。でも、やっぱりiPod直よりは良い。
・少々柔らかめの音。解像度がそれほどでもないからそう感じるのかも。
・手持ちのopampをいくつか試してみたが、OPA627(デュアル変換したもの)、OPA2134、LME49860あたりが良かった。
・BassBoostをONにするとかなりの量が出る。Minibox-ES以上。ただし、締りのある音ではなく、結構ボワボワ。締まった低音じゃないから量感を感じるのかも。ER-4S reshellで使うと音量バランスはかなり改善され、ボワつきもそれほど感じないが、せっかくの解像度が犠牲になってしまう。他のIEMではとてもじゃないが使えない。


とまあ、音自体は値段相応か少し良い程度。Fiio E5なんかより全然良いが。張り合えるのはせいぜい1万前後の価格帯まで。今更な回路といえば今更だし。
そもそも解像度やHifiを期待して買ったわけではないので特に不満ではない。少しいじって遊ぼうかなと思ったんで。
手を入れるのはまず、18V化とコンデンサの交換。余裕があればゲインを4dBに落としてみようかと。opampはいろいろ試してから決定する予定。
やるとしてももう少しノーマル状態で聴き込んでからかな。
音質が微妙でも面白い特徴が出せればローテーション入りできるかな?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link