eイヤホン カスタムIEM専門店に行ってみた。

8/22にオープンしたカスタムIEM専門店に行ってきました。
場所とか店内の様子は公式で。
http://ameblo.jp/e-earphone/entry-11913507796.html

1階は左手側にショーケース3つとケーブル・ケース等の棚、真ん中に視聴スペースの机、真ん中奥は受付、右手側は自由に聴けるUEの試聴機と椅子。
店内はそれほど広く無く、混雑していると通り抜けしづらい程度。
B1Fはインプレッション採取のためのフロアなので行ってません。
取り扱いメーカーは公式で確認して頂くとして、試聴機の台数は基本的に各モデル1機。
Advanced AcousticsWerkesの試聴機はポタフェス時と同じくA1DとA2Hのみ。A3HとWシリーズは9月に配備される予定だそうです。
くみたてLab製品はまだ販売は行っていませんが、試聴機は有り。
Lime Earsの取り扱いはまだ確定はしていないので試聴機は無し。
しかし、8/22限定で本店4Fで試聴会が開催されていました。

eイヤカスタム
展示されていたのはLE2とLE3SWの2機種。
LE2はスッキリめの音色でクリアな印象。
LE3SWはLE3とLE3Bを切り替えられるモデル。
LE3側はLE2よりニュートラルな質で、バランスも良くフラットめ。癖が少ない。
LE3Bは想像していたような低域がドコドコ出るような音ではなく、LE3の低域を少し持ち上げた程度でバランスは崩れていなかった。
代理店の人の通訳をしてくれたeイヤの店員さんはLE2が4万円台、LE3SWが5万円台で出来ればと言っていた。
本国価格はLE2が389€,LE3SWが625€なので本当かよと思いましたが、8/25に放送されたeイヤTVでは10万切るくらいとのこと。
まあ、そうでしょうね。

話を戻してカスタム専門店へ。
UE製品はeイヤホンが代理店をしているだけあって、ほぼ全モデルがオープンに展示されています。
4proは無し、7proはポップはありましたが試聴機は無し。たまたま私が行ったときだけ無かったのかも知れません。
そして、日本ではここにしか設置されていないPersonal Reference Monitorも。

eイヤカスタム
上から高域・中域・低域の順番にツマミが付いており、数値が大きくなるとその帯域の音が小さくなり、数値が小さくなると音は大きくなります。所謂抵抗値のような感じ。実際に中でどうなっているのかは分かりませんが。
BYPASSボタンを押している間は全ての数値が50のときの音が聴こえます。
私も色々弄ってみましたが、高中低の音量以外は変えられないので、質の部分が気に入らないと好みの音にはならないという印象でした。

もう一つ珍しいものが。

eイヤカスタム

UE Custom Demoなるもので、1つのモニターで擬似的に全モデルを再現することが出来るというもの。
しかし、所持しているUERMや通常の試聴機で聴いたUE18proと比較するとかなり異なった印象でした。
注意事項として、このデモ機は音量調整が出来ないのでDAP側での調整が必要です。固定出力のラインアウトを使うと危険です。
また、能率の低いUERMを選択して音量をあわせた後に18pro等の能率の良いモデルに切り替えると音量が大きくなるので、一旦音量を小さくしておく必要があります。

eイヤカスタム
モニター部は18proと同じドライバで、ケーブルは完全に左右独立していて片側4芯づつだったかと思います。コネクタ無しの直付け。プラグは3.5mmの4極。

eイヤカスタム
そして無駄にデカイ謎の箱。
モデルを選択するとネットワーク回路を切り替えるリレー音でもするのかなぁと思い、モニターを外していましたがそんなことはありませんでした。


と、このように様々なカスタムIEMが展示されているので、イベントまで待たなくても試聴できるというのはとてもありがたいです。
Ambient AcousticsSpiral Earの取り扱いもお願いしたからもしかしたら...?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link