スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポタ研2014夏 試聴レポ

https://www.fujiya-avic.jp/event/potaken2014_summer/
ついこの間秋葉原でもイベントがありましたが、今回は中野。
ポタフェスほど規模は大きくありませんが、これくらいのほうが目立った混雑も無く周りやすかったです。

試聴環境はポタフェス時と同じ。
使用した楽曲はMediks - Lights



くみたてlab
ポタ研2014夏
トリオ・・・もう一度聴いてきました.....が、やはり混雑気味だったのでダイヤル真ん中を1~2分程度試聴。
印象はポタフェスのときと変わらず、まとまりの良さと高域がとても良い。
特に高域はDWFK1ユニットなのにTWFKを2~3ユニット積んだ多ドラIEMのような細かさが出ていて素晴らしい。

カノン・・・トリオ待ちの間にはちょっと気になってるカノンをもう一度お試し。
こちらも基本的にはヘッドフォン祭のときと同じ印象だったが、高域が増えたわけではないのに更にクリアになったように感じた。
祭のときの試聴機と同じだったかは覚えてないが、カノンの音導出口は変わった形状で、中高域側は大きな三日月のような形で、低域側は細くなっている。
ポタ研2014夏
たしかカスタム版でもこのような形状になるとか。

問屋DD改・・・やはりこの分かりやすいハイブリッドの音は聴いていて楽しい。後述するUM Maverick(試作機だが)より断然こちらをオススメします。
ポタ研2014夏


ミックスウェーブ
ポタフェスで聴き逃したハイブリッドと12ドラを試聴。
ポタ研2014夏
Maverick・・・低域寄りのドンシャリっぽい音だが、高域は控えめ。
中低域が強めで、控えめな高域も相まって曇りが気になる。
高域もまったく出ていないわけではないが、やはり量が少なく、伸びも悪い。

ポタ研2014夏
Maestro・・・バランス自体はUMの4ドラ以上のモデルによくあるタイプ。
意外とローエンドはそれなりに出てはいるが、中域とのつながりが不自然。
中域、高域は特徴が薄く、悪い意味で多ドラの割りに密度が薄い。
AHA-120経由でも変わらず。

どちらも位相が狂っているのかヘンテコな音で、高域も伸びない。
両機種ともあくまで試作段階との事でこれからガラッと変わるらしいが、3DDの試作機を髣髴とさせる...とまでは行かないにしても、このままの音ではまず売れないでしょう。


Westone
ポタ研2014夏
ES60・・・シリコンチップにて試聴。やや低域寄りのバランスで、中高域がわずかに抑え気味。質的にはニュートラル~柔らかめ。
Westoneらしく優しい音で嫌な音を出さない。
バランス的にも質的にもよく纏まった美音系。
試聴レベルだが、Westone4系の音に感じた。

ES5・・・フォームチップにて試聴。ES60より中低域が抑え気味でスッキリしていて、質的には少し硬め。
ES60より中低域が少ないためか低域側の量感は少ない。しかし、ローエンドはES5の方が多く、より力強い質。
全体的にES60よりスピード感がありノリが良い。
個人的にはES5の方が好み。

ES3・・・フォームチップにて試聴。ES3と書いてあったが恐らくES3Xだと思う。
バランスはES5に近いが、密度はより低い。
ES5よりわずかに中低域が多くバランス的にも質的にも更にニュートラル寄り。


その他、久しぶりにPHPAも試聴してきましたが、Bispaの真空管キットBSP-TUBEAMP-KIT01とSound Potion atmosがなかなか好印象でした。
BSP-TUBEAMP-KIT01は3種類あり、詳細は覚えていませんが、青LEDと白LEDのやつが好み。販売店によって構成が異なるとか。
atmosはあのサイズにしては十分な音。
最近のPHPAは高価なものが多いですが、両機種ともそれほど高価でもなく音質的にも十分良いと感じました。

今回のポタ研はポタフェスとあまり期間が開いていなく、目玉と言う目玉はあまり無い印象でしたが、改めて聴き直したり、聴き忘れたものを聴けたので満足でした。
さて、次回のイベントは少し空いて10月下旬のヘッドフォン祭。
参加できるかはかなり微妙...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。いつも拝見させていただいております。
当方この度ハイブリッド型のカスタムIEMをオーダーしようと思っておりまして、候補としてUM Merlinと問屋DD改を考えているのですが、もしよろしければ音の比較をお願いできないでしょうか?

Re: タイトルなし

問屋DD改は所持していないので細かいことは言えませんが、Merlinよりもハッキリと"ハイブリッド"と分かる音です。
ダイナミックの低域とBAの中高域が明確に分かれていて、Merlinよりも分かりやすくドンシャリな傾向です。
低域は問屋DD改の方が強く、よりダイナミックらしさが出ています。ダイナミックは低い位置を担当しており、嫌な被りが無いです。
Merlinもドンシャリ傾向ですが、問屋DD改を聴いた後だと大人しくさえ感じます。
バランスの良さや纏まりの良さで言えばMerlinの方が勝っているでしょう。
割り切ったノリの良い問屋DD改
ドンシャリ傾向にしつつも、破綻無くダイナミックとBAを混ぜたMerlin
お好みに合わせてどうぞ。

早速のご返答ありがとうございます。
問屋DD改の方は視聴できないので大変参考になります。
問屋DD改とMerlinどちらもよさそうですが、使い分けでノリがいいカスタムを考えていたので問屋DD改に惹かれます。
どうもありがとうございました。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。