Custom Art New Flagship

数少ないフルシリコン且つケーブル着脱可能なカスタムIEMを作成しているメーカーCustom Artがとても興味深い写真を公開しました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=501187190002107&set=a.256434061144089.60103.223884597732369&type=1

気になる点がいくつもあります。
・見慣れないドライバが多数。
・1ユニットだけJH AudioのFreqphaseを彷彿させる配置。
・全てフィルタレス(に見える)
・ネットワーク素子が無い(というか見えない)
・ポートが4本

ドライバは見えない部分もありますがどれも見慣れないもので、特定が出来ません。更に予想も困難。
Sonion E50Dっぽいものや、Knowles FH/FFHKnowles GRに見えなくも無いような気がしないでもないですが、どれもカスタムIEMには採用例が無く、更にインピーダンスも高めです。
Knowlesドライバっぽく見えますが、Custom Artの他のモデルは全てSonionドライバ。うーん...
そこで注目なのが公式コメント。
"Still waiting for the official release of the drivers."
これが何を意味しているのでしょうか。
新しいドライバといえばDWFKがありますが、ターミナルの形が違うし、大きさ的にも微妙だし...
合計ドライバ数も不明ですが、ユニット数は4であるのは間違いないでしょう。
どのユニットもデュアルドライバに見えなくも無いので最大で8ドライバだと思います。
兎に角、謎が多いです。

来年1月下旬には動きがあるみたいです。
要チェック!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Custom Artというのははじめて知りました。
SpiralEarとなんとなく似ていますね。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link