くみたてLab オリジナルカスタムIEM発表。

8月1日事業開始をアナウンスしているくみたてLabですが、ついにオリジナルモデルの正式発表が行われました。
http://diy-ciem.blogspot.jp/2013/07/lab2.html

まず最初のラインナップはトリプルドライバ3機種。
KL-アカラ Stage
2way / 3BA
54,800円

KL-アカラ Listening
2way / 3BA
54,800円

KL-サンカ
2 or 3way / 3BA
64,800円

アカラ StageとListeningはポタ研で展示されたKL-001 StageとKL-001 Listeningに相当するもので、サンカはCI*2+EDコンペで出展された組立工作員さん設計のものがベースであると思われます。
ポタ研で出展されたものと全く同じなのか、多少の調整が加えられたのかどうかは不明。
同じく出展されていた3way4BAのKL-003-Xは9月以降とのこと。
又、新たにKL-004-Stageなる3way5BAモデルも開発中らしい。Stageと付いているだけあって、アカラのようにListeningバージョンも予定しているようです。

価格は国内メーカーとして見るとかなり安価ですし、海外メーカーと比較しても特別高価ではありません。
更にシェルの品質も高いですし、リフィットは期限制ではなく2回まで無償というのは大きいです。
勿論国内メーカーということでやりとりのしやすさや、発送~到着までの期間が短いというのもメリットです。

私はポタ研レポでも書きましたが、KL-サンカ狙いです。
多ドライバの高密度さはありませんが、あの音なら他社フラッグシップ機と十分に戦えると思います。

発売開始は8月1日!要チェック!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link