RE272ひっそりと発売 と、RE262・RE0・Minibox-ES

RE272
それにしてもHead-Directはひっそりと新製品を発売するなぁ。

RE272
$249
Driver Size: 9 mm
Impedance: 20 Ohm
Effeciency: 103 dB
Freqancy: 15 Hz to 22K Hz
RE272 is the top product in HiFiMAN in-ear headphone models. Crystal clear detail, neutral sound signature, wide soundstage, and easy to drive.
ダイナミック型です。
easy to driveとあるようにインピーダンスは低めのため音量自体は取りやすいようです。(感度は低め)
HiFiMANとYUINは高インピーダンス・低感度のイヤホン・ヘッドホンが多いですが、こちらはそうでもないようです。

因みにRE262もわりと最近発売していました。
$149
Frequency response: 20 - 22Khz
Weight: 0.6 Oz
Sensitivity: 95 db
Impedance: 150 ohm
こちらは高インピーダンス・低感度なのでPHPAの使用が前提でしょう。
RE272との違いはインピーダンスと感度の差かなと思っていましたが、この価格差は何だ?
注意が必要なのは、RE262,272共に4極のミニプラグです。これはHiFiMANブランドでバランスDAPを出す予定があるからとかなんとか。
付属品には4極⇒3極変換アダプターが入っているようなのでシングルエンドでの使用も問題は無いようです。取り回しは犠牲になりますが。
個人的にはRE262が気になりますね。というのも、Minibox-ESを購入時にオマケで付属していたRE0が予想外にいい音でしたので。(RE0は64Ω/100dB)
ER-4Sと似たようなバランス(アンプによってはER-4Sの低域を少しだけ持ち上げたような感じ)で、音の質感もER-4Sっぽく硬めでスッキリした音。特徴はD型らしからぬ(BA型のような)高域。これもER-4Sチック。
D型と知らなかったらBA型だと思ってしまうほど。
ER-4Sの帯域バランスが許容できれば、単品で購入しても$79なのでコスパはかなり良いほうかと。(それよりもMinibox-ESを是非。(アンプもイヤホンも"コスパで言えば"抜群です。)
RE262がRE0の上位的な音なら買ってしまいそうです。Head-Fiならレビューあるかな?探してみます。
因みに自分のRE0は3極ミニプラグでしたが、現在は4極で変換アダプター付きのようです。

と、Minibox-ESを押しまくっていますが、音については全く触れていなかったので簡単に。
・小型・薄型(厚さはiPod Classicと同じくらいか少々厚め)ながら18V駆動の高電圧。ランタイムは体感で15~20時間くらい。
・OPA627+BUF634使用
・2段階Gainスイッチ(という名のBass Boostスイッチ)付き。なぜか低音増強。音量はあまり変化なし。
・元からGainが高いのか、Hi/Lowどちらでもあまりボリュームをまわせない。(10段階のうち2までまわせばER-4Sでも十二分に音量が取れる。)その割りにギャングエラーはそこまで酷くなく、高能率のMageや須山435でも一応使える。
・元気で分厚い音。音場はあまり広くないが解像度は同価格帯と比べれは頭一つ抜けている。
・安い。軽い。
とまあこんな感じ。
サブ機にいかが?

では。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link