IEM BA List (ver. 9/2/2012)

またちょっと更新。新しいのはRooth LS-X5くらい。
https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AoHxSlnX1Un0dC1iMS1qN1VMODV4Wnd0a0xiNHVXLVE&output=html

1964-T・・・高域を2323から2389に変更。たしかhead-fiに2323と書いてあった気がしたが、半田パッドが2つの2323に対し、自分のものを見るとセンタータップがあるのでおそらく2389だと思う。

CW-L01・・・今までずっとEDだと思っていましたが、試聴機のドライバ背面に(型番の無い方)2つの丸い点のような跡がありました。この跡は10pro,1964-T,UERMのHiドライバにも付いていて、EDには付いていないことからSonion製であると予想。更に2300系かもしれない。

CW-L51・・・情報をいただいたので33A007から38AM007Mに変更。祭で試聴したときに目視したはずでしたが、見間違いだったかも知れません。3と8を見間違えるのもなんとなく分かりますよね?・・・
38AM007Mはドライバごとに1つづつ、計2つのベントが側面に付いています。
参考:Clear tune Monitorsトップページの中段左、Featured Productsと書いてある写真の右側のIEMを見ると、ベントが2つ付いたドライバを確認できます。これが38AM007Mで間違いないはず。AUD-5Xと同じですし。
http://cleartunemonitors.com/index.html

JH5pro・・・高域はEDとどこかで見たような。

JH13pro・・・3300とDTECで間違いないでしょう。見分け方は側面の模様を見るのが一番分かりやすいです。DTECは側面に跡が付いていますが3300には付いていない。
どちらが低域側かは目視では確認できませんでしたが、3300説が多いので。
ただ少し気になるのは、カスタムIEMでは高い周波数を担当するドライバほど鼓膜に近い位置に配置するのが一般的なのですが、JH13proはDTECが一番離れた位置に配置してあるんですよね。まあ3300とほぼ同じ位置ですけど。

JH16pro・・・こちらも指摘があり修正。低域のDTECを3300に。たしかにJH13proを考慮すれば3300っぽいですよね。

LS-X5・・・試聴機を見たところ、高域はたぶんTWFKだと思う。半田パッド側を見ればDFKと区別できるのですが、見えなかったので未確定。
中域は見慣れないドライバが2つ。ポートは別々に付いていたのでシングルが2基。大きさ的にはFKやWBFKより大きく、2300より小さい。そして最大の特徴は側面に線が縦に入ったような跡があること。
いろいろ仕様書を見たところどうもKnowles EHっぽい。ただ、どれもインピーダンスが高い(@500Hz,1kHz)のが気になる。
一番低いのがEH23149
まあDFKの方が高いんだけど。

UERM・・・中域、高域のドライバは大きさ・模様が同じ。背面に2つの点・側面上側半田パッド寄りの部分の跡・半田パッドが3つということから2389と予想。

Westone3x6・・・低域、中域どちらもDTECにある跡が無かったので、両方3300と予想。

SE530/535・・・こちらも指摘があり修正。17A003から2300へ。1700はサイズが大きいため、実機と比べれば違うということが分かるのでしょう。3300+1700が530/535の内部に納まるのかというのも微妙ですし。

10pro・・・高域側が2323(半田パッド2つ)だとか2354(半田パッド2つ+ベント)だとか2389(半田パッド3つ)だとか言われていますが、リシェルした私の個体は半田パッドが3つなので2389かなと。


今回の更新は新規がLS-X5のみでしたが、細かい修正でだんだん絞れて来ました。
実際これだけ書いていても私自身BAドライバについての専門的な知識(特性とか)はありませんので、知っている人が見たらスペック的にこれは無いだろというものがあるかも知れません。
また、IEMの製作時期によって搭載されるドライバが異なる可能性も十分にあるので、あくまで参考までに。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link