ALO JH cable

どうも。ご無沙汰しております。
サボってました。

まだ書いていなかったことがいろいろあるので、ちょっとづつ紹介していきます。
まずは今年の2月くらいに購入していたALOのカスタムIEM用ケーブルから。
ALOのケーブルというと高額なものばかりですが、私が購入したのはDemo and discountedにあったものです。


ALO cable
御値段$75
ALOとしては破格の値段。しかし、造りもそれなり。
太さはあまり無いが、平型ケーブルでシース表面が硬めなため取り回しはあまりよくない。
ケーブル自体はそこまで硬くは無いが、シースのおかげで反発し、真っ直ぐになろうとする力が強い。

音質自体は悪くない。
線が細くクッキリした印象になるが、高域が刺激的になる。この辺は好みの問題。
AUD-5Xで使うと、より刺激的になり、キャラが引き立つが、取り回しの問題で現在はUE純正に戻しました。
UE純正に戻すとちょっとモッサリした印象になってしまったが仕方が無い・・・


ALO cable
コネクタは埋め込み対応。
イヤーフックは無く、更に平型ケーブルなので装着感は悪い。シースの硬さで耳の裏がちょっと痛くなる。


やっぱりケーブルはUE純正があればいいですね。
サードパーティー製をいろいろ(安いものばかり)試しましたが、個人的に取り回しを犠牲にしてまで交換するほどでもないかなと思います。
取り回しが悪いと自然とそのIEMの使用頻度が下がりますし。
使いたいけど、取り回しが悪いから今日はこっちのIEMでいいやということが多々あります。
逆に特に大切にしたいIEMには取り回しの悪いケーブルに付け替えれば長持ちするかも。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link