カスタムIEM用ケーブルを作ってみた。

DIY Cable

使用した線材は以前作ったPRO900用ケーブルで使用したものの色違い。
コネクタは、UE純正のコネクタの片方にヒビが入っていたので、ばらして移植。
UE純正は圧着タイプのピンだったので、ピン側面に半田付けしました。Dockコネクタを作ったことがある人なら難なく半田付けできるでしょう。
コネクタ部は熱収縮チューブとギボシ端子で固定。
ついでにイヤーフックの針金も移植しました。おかげで仕上がりが汚くなりましたけど。


DIY Cable
分岐部はちょうどよい大きさのプラスチックの筒があったので使ってみました。
分岐前は4つ編み。長いので編みこみに時間がかかった。


DIY Cable
W3x6に付けてみた。
ピンを長く出しすぎたせいで、納まりがあんまりよくない。
線材自体柔らかいのでイヤーフックはいらなかったかも。無くせばコネクタ回りがもっとスッキリしそう。


DIY Cable
ついでにmini-miniも作った。
4本使用+編みこみなのでプラグのハウジング径がギリギリで、ケーブルの被覆を傷つけてしまった。
mini-miniみたいな短いケーブルで4つ編みはなかなか難しい。片方のプラグ付近は編み込みがおかしなことになってる。


使ってみた感じ、どちらのケーブルも柔らかい線材のおかげで、取り回しは悪くない。
IEM用もSilver sonic MkIIIより太いけど、少し柔らかい。
コネクタさえもっと綺麗に作れるようになれば、お安く高級感のあるケーブルが自作できます。

というか、今回改めてW3x6の優秀さに関心した。
ファーストインプレッションでも書いたけど、JH13とは好みの差ですね。解像度等の性能面では若干JH13がリードしている印象ですが、W3x6のバランスが好きならカバーできる差ですかね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link