スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のヘッドフォン祭2012 試聴レポとか感想とか。その1

さて、今回もヘッドフォン祭での試聴レポートを数回に分けて紹介していきます。
感想は私個人として感じたことをそのまま書きますので、異論はあるかもしれませんが、ご了承ください。

本題の前に今回もパンフレット等を
春祭2012

一番手前は会場の配置図やフジヤで使えるクーポン券等が一緒になった小冊子。イベント一覧が載っていたりでなかなか便利なので次回以降もこれがいいかも。サイズもちょうどいいし。
一番奥はULTRASONEロゴが入った小型トートバッグ。会場に入った際に、小冊子と一緒に貰いました。特に使ったわけじゃないけど、良いと思う。
今気づいたんだけど、会場でもらえる各種パンフレットがちょうど入るA4サイズ。
その他のパンフレットは各項目で触れるかも。


試聴環境は基本的に以下の通りです。
DAP(DAC)/DX100
AMP/AHA-120
IEM/JH13Pro(Silver sonic MkIII)

試聴に使った楽曲はHardcoreとかElectro,たまにAcid Jazzとか。ようはみんな打ち込みです。
SLAKE/reality used up
Nu Foundation feat. Fran/Take Me Over
Art of Fighters/Nirvana of Noise
k-scope/Orientations


で、今回も会場配置図のブロックごとに紹介していこうかと。
7F,8F http://www.fujiya-avic.jp/user_data/docs/1205_7F-8F_guest.pdf
9F,10F http://www.fujiya-avic.jp/user_data/docs/1205_9F-10F_guest.pdf


7FホールA
(1)ミックスウェーブ
Rx amp MkIIIやNational,RWA Isabellina等各種ALO取り扱い製品、JH Audio,WestoneのカスタムIEM,Beat Audioのケーブル(Oslo2かな?)が並んでいました。
JH16Pro + JH-3A・・・前回の祭りで聴きそびれた品。DX100からのアナログ入力にて。
第一印象は音場広い・割と低域あっさり。
音場はAHA-120と私が所有しているどのカスタムIEMをあわせたものよりも広い。
低域はBassボリュームを最小にしていたので少ないと感じた。標準位置は12時位置なのか?Bassボリュームは回転角度あたりの低域増加量が少ないので、かなり細かく調整できる。最大だと、ボワつき過ぎて聴くに堪えない。
解像度とか制動性とかはそこまで驚くほど(期待ほど)ではなかった。まあこの辺は試聴機なので、実際のカスタムではもっと違ってくるでしょう。それともDX100+AHA120で耳が肥えてしまったのか。
どちらにしても気になる一品。

Rx amp MkIII + HD800(ALOケーブル)・・・DX100からのアナログ入力(シングルエンド)、Rxのバランス出力にて。
うーん・・・シングルエンド入力ってのもあるけど、それほど激変!とは思わなかった。
シングルエンド入力ではバランスに変換してくれないとか?すいません。あまり分かってないです。
持参したIEMでは試さなかったので、MkIIIそのもののの評価は出来ない。
正直、あまり印象に残っていない。

Nationalは聴き忘れました。まあ、これは店頭で聴けるんで。
Beat AudioのケーブルはたぶんOslo2が対応機種ごとに数本置いてあった。10Pro用とIE8,80用とSURE SEシリーズ用だったかな。触った感じでは硬め。同社のSilver sonic MkIIIより硬い。Silver sonic無印と同じくらいかな?
さすがにあの値段なので購入は無いでしょう。


(2)須山補聴器(FitEar)
MH335DW・・・弱ドンシャリ・高解像度。
BAとしてはローエンドがよく出ているほうで、制動も利いていて質も良い。量はJH13より少し少ないくらいかな?重心がより下の方にある。JH13より中低域が少ないからそう感じるのかも。ローエンドだけで比較するとAUD-5Xに迫る勢い。キャラクターはだいぶ違いますが。
中域~高域は解像度がかなり高く、比較的線の細い印象。高域はシャキッとしていて、印象的だが、刺さることは無い。
正直欲しい。欲しいが、やはりネックは価格。JH-3Aセットが買えちゃうし、転送サービスを使用したSE-5Wayも買えちゃうんじゃない?
ドライバ構成はCIx2/33A007(?)/Sonion 2300シリーズ(?)
高域用ドライバは1964-Tと同じ見た目なので2300シリーズかも。EDではなさそう。

TO GO 334・・・335を聴いた後だとちょっとモッサリしたように感じる。335の印象が強いのであまり覚えていない。値段と音を考えたら別のカスタムをオススメします。

そういえば、最近ケーブル単品の発売も開始されましたが、だいぶ値上がりしていますね。
435用と333,223用ケーブルを買ったことがありますが、以前はどちらも3,150円でした。
001は1万で000にいたっては3万とかなり高価。コネクタの問題がありますが、サードパーティー製ケーブルに期待。


長文になってきたので、また次回。
そうそう、TS842が到着しました。こちらも試聴レポが完結したら紹介します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。