AS-1bの途中経過。

現在60~70h程使用していますが、到着直後と比べると明らかに良い方向に向かっています。
中域の量が減ったのか低域と高域が増えたのかは定かではありませんが、バランスはだいぶまともになってきました。
今のところ中域>低域≧高域くらいにはなっています。
未だに他カスタムIEMと比べると明らかに曇ってはいますが、かなり改善されてきています。
ただ、到着直後からあまり変化が無いのはローエンドとハイエンドが少ないということです。
低域は徐々に締りが出てくるようになり、BAには無いダイナミックの音色なのですが、ある程度出てはいるもののローエンドの量が控えめで、沈み込みに欠けます。
高域も約5kHz以下は出ているが、それ以上は大人しく、シンバルのスカッとした音は控えめです。
質に関しても、音数が増えるとゴチャッとしてしまうダイナミック型によくある現象は残っています。マシにはなってきていますが。

やはり現時点でもまだまだオススメできるものではありませんが、カマボコ好き且つ、オーテクのCKM1000・CKW1000ANVあたりを曇っていると感じない人なら普通に聴こえるかもしれません。
ただし、この感想はDX100とAHA-120の組み合わせのもので、アンプによる影響が大きく出ています。
この組み合わせならかなりまともに聴こえますが、アンプが変わるとそれも変わってくるでしょう。

そういえば、Thousand Soundにメールを送っているのですが、なかなか返信が来ません。
迷惑メールフォルダにでも入っているのでしょうか・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

千音さんと連絡とれないですか・・・おかしいですね。

迷惑メールに入っている可能性もあるかも???

ちょっとメールしてみましょうかね・・・

Re: No title

わざわざありがとうございます。
本日無事連絡が取れました。
お気遣いありがとうございます。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link