Free Impression Kit

AurisonicsAS-1bを注文した際に依頼したFree Impression Kitが到着しました。
Free impression kit
向こうからの発送が1/16で、到着が1/27
だいぶ掛かりました。急いでいる人はキットの発送方法をもっと早いものに切り替えるよう依頼してみるべき。追加の送料さえ払えば出来ると思う。
送料によっては普通にインプレッションを採ったほうが安くなる可能性も。

箱の中身は説明書とAurisonicsからのメッセージ・印象剤3組(1つは予備)・サイズ違いのスポンジ・ペンライト・注射器・謎のプラスチック製の棒
一人で採取するのにペンライトなんて使い道が無いのですが。身内や友達に耳の中を見てもらえって事なのか。
謎の棒は説明書にも出てこない。スポンジを耳に入れる時の綿棒代わり?

で、実際に採ってみた。
一度インプレッションをとったことがある人ならそれほど迷わないでしょうが、一応手順を。
1.耳を掃除しておく。第2カーブより数ミリ先までを綺麗にしておけば問題なし。
2.スポンジを耳の中に入れる。第2カーブより数ミリ先まで入れるのですが、自分でやるとどこまで入っているのかが分からない。思っているよりも結構深めに入れたほうが良い。後で思いついたんだけど、スポンジを入れた後にER-4S等を装着すれば上手いこと奥まで持っていけたんじゃないかな。
3.印象剤(緑と白の物体)を混ぜる。説明書にも書いてありますが、混ぜてから約10分で硬化します。手早くやるべし。手に油が付くので、近くにティッシュ等拭くものを置いておいたほうが良い。
4.注射器を耳穴に突っ込み印象剤を注入する。当たり前ですが鏡を見ながらやります。印象剤は意外と余るのでもったいぶらずに注入しましょう。ヘリクスや耳穴の入り口周辺まで広めに採ること。また、このとき顎を動かしたり口を開け閉めして馴染ませるといいかも。
5.注入が終わったら上から軽く押さえて型を押し付ける。あまり強くやる必要はないと思います。手早くやれば開口状態を作るのはこのタイミングからでも遅くないでしょう。心配なら注入する段階で口を開けておく。
6.10分待つ。温湿度によって硬化時間が変わるので、たまにつついてみて硬化の確認をしましょう。このとき口を動かすとインプレッションにヒビが入ってしまうので動かさないこと。つばを飲み込みたくなりますが、我慢。
7.硬化したら片方の手で耳たぶを持って上下に動かし、くっついたインプレッションを剥がしながら回すようにして取り出す。回す方向は後頭部の方向。ちょうどカスタムIEMを外すときのように。
8.インプレッションの確認。第2カーブより数ミリ先まで採れているかや、ヘリクスの形、大きなヒビ・気泡の有無を確認する。位置にもよると思うけど、少しくらいのヒビなら大丈夫だと思う。


Free impression kit
これが完成品。ちょっと気泡みたいなものが見えるけど、耳に入る部分とヘリクスは綺麗に採れているから大丈夫だと思う。
一応これで発送。
使ってみた感じそれほど難しくは無い。ポイントはスポンジを奥まで突っ込むこと。ひもが付いているので安心して突っ込んでください。
近くにインプレッションを採ってくれるところが無い人にはイイだろう。
また、今回は無料ですが、Aurisonics以外のメーカーで使いたいときは、調べればいろいろなところで売っているので何かのついでに買っておくと安くインプレッションが採取できる。


一緒に入っていたドキュメントによると、2~3週間で完成するようです。
届いたらまた紹介します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link