スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JDS Labs c421 到着。

JDS Labs c421が到着しました。
C421

11/23 発送。
11/29 ポストの中に到着。

エンクロージャーの品質に満足せず、3rdバッチ到着まで正式には発送していませんでしたが、やっと発送されました。
が、3rdバッチは1st,2ndより酷かったらしく、結局プリオーダー組には2ndバッチのエンクロージャーで発送開始したようです。
今後エンクロージャーは別の業者?で作らせるようで、完成は来年の2月くらいになるようです。
既に購入している人には送料だけでエンクロージャーを送ってくれるそうです。


C421
中身。
黄色い物体はアンプ本体が入ったプチプチ着きの封筒。付属品はUSBケーブルと取説、納品書、上記のエンクロージャーについて書かれた紙。


C421
プチプチの中身。
更に静電気防止用の入れ物に入っている。cMoyBBでも同じだった。


C421
正面。シルバーとブラックのツートンカラー。
エンクロージャーは普通に綺麗で、高級感があり良いと思う。特別品質が悪いとは思わない。


C421
リアパネル。
右上の縁をよく見ると、少々傷がある。が、それほど気になるほどじゃない。
おそらく、出来るだけ傷の少ないものを製品版として使っていると思う。
値段も値段だし、これくらいなら全く問題ないと思うけど。


C421
大きさ、厚さ共にiPod classicとほぼ同じ。


C421
左からD-Zero,c421,Minibox-ES
順番に少しづつ厚くなっていく。
奥行きはc421>Minibox-ES>D-Zero
重さは、アルミ筐体だけあってc421が一番重い。


C421
では試聴。opampはAD8620。GainはLow。Bass BoostはOFFで。
ケーブルは以前Dockケーブル作成に使ったAudioQuest TP2.2の余りを使って作成したmini-mini
透明チューブは余計だったな。
各種IEMを使用。試聴時間はそれぞれ数分なので、あくまでファーストインプレッション。正直判断がとても難しいアンプでした。
今後印象が変わる可能性は十分にあり。


・UERM・・・直前までAHA-120を使用していたが、落差という落差を感じなかった。というより、鳴り方が全く異なるので、その変化に意識が傾いてしまったと言ったほうが正しい。
まず驚くのが音場。このアンプの最も特徴的・個性的なところで、長所でもあり短所でもある。
斜め前あたりに定位していた低域が一気に左右の耳の横(場合によっては斜め後ろ)まで移動する。異様なほど左右に分離する。
中域、高域は低域ほど極端ではないが、左右に開く傾向にある。
音質としては、全体的にパワフルで厚みがある。高域は少々荒いが、解像度は低くない。
帯域バランスは低域~中低域が少し強調される。質による厚さと相まって、強調される量の割りに押し出しの強さが出てくる。
中高域~高域が全帯域の中で最も強調される。この帯域が音場と並んでこのアンプの強い個性。強調されるだけでなく、かなり近くに定位する。AHA-120とは質が異なるが、輪郭がかなりクッキリ・ハッキリしいて、このおかげで解像度が高く聴こえる。
これも判断が難しいが、この帯域のボーカルが前に出てくる。しかし、少し下の帯域に外れると、とたんに引っ込む・・・が、ソースや声によって前に来たり後ろに来たりとバラバラなので、正直よくわからない。
高域は中高域と比べると少しだけ大人しくなったようにも感じるが、不足とは感じない。

・1964-T,W3x6,JH13Pro,ck10x3・・・基本はUERM試聴時と同じような傾向で変化するが、UERMほど変化量は多くない。個人的に相性としては悪くないと思うが、Hifiとはかけ離れているので、ダメな人はダメだろう。

・Mage・・・曇り気味の中域が更に前に出てきて、あまりよろしくない。しかし、独特な音場と強調される帯域による変化によって多少誤魔化せる。かも。

・ER-4S Re-shell・・・Bass Boost OFF時は中高域が盛り上がって、よろしくない。ON時は低域が増え、バランスはマシになるが、不自然。が、この不自然さが意外と面白いかも。

・TF10 Re-shell・・・ただでさえ横に広いのに、更に押し広げる。というか斜め後ろまで移動する。D-Zero使用時よりも更に特殊な音場になる。帯域バランスは不自然ではあるが、意外と聴ける。相性は悪くないと思う。

・須山435・・・これは酷い。素の状態でも場合によっては危うい中域~中高域が完全にだめになってしまう。ソースにもよるが、ボーカルがラジカセみたいな音になる。また、中高域のピークが更に強調されてしまう。でも、稀に意外に聴ける曲が出てくる。



フラット・弱ドンシャリ・少し高域寄りのIEMなら合う"可能性"がある。ここまで機種による相性が激しいアンプはこれが初めて。
無音時のノイズはほぼ無い。
Gainは高めだが、T51のイコライザAll-2の状態(普段自分が使っている状態)ならギリギリ使える。人によっては音量が大きいと感じるかもしれない。UERMとER-4S Re-shellならGain Hiにしても使える。
左右に分かれる音場・強調されて、前に出てくる中高域がこのアンプの特徴。
とにかく超個性的で合わせるのが難しいが、個人的にUERMに関しては素晴らしく相性が良いと感じた。(全く持ってHifiではないが、リスニング用としてなら他では聴けないような不思議な音になる。)
価格も安いので、UERMだけのために買ったとしても悪くは無いと思う。
合う合わないは置いといて、変化が大きいのでいろいろなIEMに試すと面白いかも。
複数のPHPAを使い分ける層ならお薦め。これほど特徴的なアンプは少ないと思う。

あまりポエムっぽいことは書きたくなかったけど・・・表現って難しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

無線などの電波によるノイズ

価格コムでこのアンプの存在を知り、こちらの見つけ
質問させてもらいました

あとSE535、FXD80との相性など教えていただければ
ありがたいです、よろしくお願いいたします^^

Re: 無線などの電波によるノイズ

wifiやbluetoothを使用した環境では試したことがありませんので電波によるノイズは不明です。
また、ご質問にある2機種も所持していませんので相性についても不明です。
c421自体、出力インピーダンスが11Ωと少々高めなため、インピーダンス特性が一定でない(主にBAドライバを使用した)機種については音の変化が大きいです。

しかし、このc421は後継機のC5が発売され、生産終了となり現在は購入できません。
C5は上記の問題がほぼ解決され、サイズや価格を考えればかなり優秀だと思います。
中古等でc421を手に入れられるとしても私としてはC5をオススメします。
ただ、音質的には味付けがほとんど無くニュートラルなため、変化を感じづらいとも言えます。
アンプで傾向を変えたいと考えているのでしたら合わないかもしれません。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。