mini-miniケーブル作ってみた。

belden87761

T51を使うためには半ば必然的にmini-miniが必要になるのですが、以前作ったL字のオヤイデ銀線とストレートのオーグ無印しかありませんでした。
L字ケーブルはPHPAとあわせたときの納まりはいいのですが、ボリュームやスイッチ、イヤホンプラグと干渉する場合が殆どで使える状況は限られてきます。
必然的にオーグばかりを使うようになり、断線時や故障時の予備が無い状態でした。
という理由から新たに汎用性の高いストレートプラグのmini-miniをつくってみた。銅線系もあったほうがいいかなというのもある。それほど線材に拘りはありませんが。
使ったのはBELDEN87761 (http://tomoca-shop.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=046002000009&search=87761&sort=)
BELDEN87760の細いバージョン。太さ意外はだいたい同じ。
カッチカチのため使用前に癖を付けておかないとジャックにダメージがあると思う。
仕様では2芯シールドとなっていますが、中身はアルミ箔っぽいシースに包まれた信号用2本と絶縁されていないアース用の線1本(=シースアース)が入っているので、シースをまとめて拠る必要がありません。
プラグはAmphenol KS3PB-AU
値段の割りに造りも良いのでオススメ。細いケーブルしか入らなそうだけど、ゴム状のブッシングを外せばもっと太いものも入る。しかし作業性は悪くなる。


belden87761

どちらもtomocaで売ってます。
Amphenolは他にもNeutrikのOEMっぽいプラグや自社オリジナルプラグがあり、どれも悪くない造りで割と安価なので気になる方は調べてみては?tomocaにもいろいろ置いてありました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link