スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warbler Audio

Warbler Audioは2016年設立(?)の新興カスタムIEMメーカー。
開発は2010年辺りから行っていた模様。
詳しくはThe Headphone Listのレビュー記事参照
http://theheadphonelist.com/warbler-audios-prelude-a-labour-of-love/

http://www.warbleraudio.net/
https://www.facebook.com/warbleraudio/

ラインナップは現在1機種のみ。

Prelude
1way / 1BA / 1bore
1,099USD≒121,000JPY

シングルBAで勿論ネットワークも無く、特別デザインに目を引くわけでもないが、かなり強気な価格設定。
The Headphone Listのレビュー記事によると、チューニングについては企業秘密だが、音導チューブとBAの角度に秘密がある(秘密の内の1つ?)らしい。
そうは言ってもチューブの形状自体に特殊な加工が施されているようには見えないし、BA自体もSonion 23系(2323??)っぽい。
特注品の23系だとしてもそこらへんの評判の良い安いシングルBA機と価格差ほどの差を出せているのでしょうか。
スポンサーサイト

FILAUDIO

ポーランドのカスタムIEMメーカー。Facebookによると2009設立らしい。

http://custom.filaudio.pl/?lang=en
https://www.facebook.com/filaudio

カスタムIEMの専業ではないらしく、以下のページではFischer Audio,やSoundMAGIC等の製品も販売している。
http://sklep.filaudio.pl/

カスタムIEMのラインナップは以下の4機種。

Filaudio1
1way / 1BA / 1bore
479PLN≒14,200JPY

Filaudio2
2way(2) / 2BA / 1bore
799PLN≒23,700JPY

Filaudio3
3way / 3BA / 2bores
1,499PLN≒44,500JPY

Filaudio4
?way / 4BA / ?bore(s)
1,799PLN≒53,400JPY

1,2,3はFacebookの写真を見れば中身はほぼ分かる。
各モデルページの説明を英語に翻訳すると2はone-way
よくある採用例と写真からTWFKと推測できるが、1wayならDWFK or SWFK
1ユニットで使うならDWFKかな?
同じく翻訳すると4はfour-way
中身の見える写真が無く、DWFK→GKと来たら次はGVっぽいけど4wayということでその線は無し。
ホントに4way?
上記2種はちょっと怪しい。
普通にTWFKとGVかも。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。