スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IEM BA List (ver. 12/20/2016)


https://docs.google.com/spreadsheets/d/1jguxmYfEmZdHEGIUDvQUnfm3vhxo51WeNKKG0_oRtMA/pubhtml

※このスプレッドシートの編集権限は公開していません。
申し訳有りませんが、情報がある場合はコメント/メールフォーム等からお願い致します。


以下の新規ブランド3社を追加。

EM Audio (Eternal Melody)
https://www.emaudio.com.cn/

Hisenior Audio
https://ja.aliexpress.com/store/633941
https://www.facebook.com/Hisenior-Audio-IEM-Earphone-655832237889513/

Kitagawa sound system
http://kitagawa-net.com/%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%9b%e3%83%b3/


1216.ears 3RMは上がEDx2かED+23のどっちかだったと思う。
6VSは1○64-V6-Stageがオリジナルっぽい。

64 Audio A2eはapexを除いた音導の数は1であり、"the A2e packs two drivers in a single package for a low profile look"なので恐らく1723だけど、ポタフェスで見てくるの忘れた。
A18 Tzarは44っぽいのが入ってるけど、微妙に見た目が違う。44の特注品なのか別物なのか不明。tia High DriverはUEPRRの高域と同じマークがあったのでFKシリーズ(WBFK?)の特注品。後述するUE18+ Proにもこのシリーズが採用されている模様。

Ambient AcousticsのLAMシリーズは今のところ5ドラのみ発売しているが、今後3及び7ドライバも発売するだろう。
AM20は製品ページは存在しないが、公式ページのトップで存在は確認できる。連絡すれば作ってもらえる(要相談)らしい。

canal works CW-L12aEXは1723に元々付いているネットワーク基板を取り除き、新たに組みなおしている模様。

HEARWAVEはいつの間にか8ドラまで出来てた。

Hisenior Audioはユニバーサルのみのモデルがあったり、ラインナップが分かりづらいため抜けがあるかも。

JH Audio JH11 PROは低域2発の中域1発になってた。前からだったっけ? もしかしたらドライバも変わってるかも。

Kitagawa sound systemの6ドラは開発中らしい。

くみたてLab KL-LakhはHODVTECのサイドベント部分に独自機構のフィルタ付きのモジュール(VESPER)が覆っている。
28には排圧機構モジュール付き。SWFKは裸だが、他のユニットより離れた位置に配置されてた...と思う。
3つある音導口のうち2つにスポンジのようなフィルタが入っているが、スポンジの長さは異なる。
長さの違いは勿論計算された長さとのこと。

UE18+ Proの低域はバックベント付き。恐らく無印と同じ特注の33系。中域も同じくTWFK
高域はUEPRRにも採用されていたスパウトレスのFK(WBFK?)シリーズ特注品が2基。ソニーBAのようにドライバ筐体に出音用の穴が空いている。

オーテクのATH-E70はある筋から情報が。オーテクお得意のSonionドライバを重ねた特注品。型番は1552aで、17+35+23と思われる。
過去のモデルにも何度か使われている組み合わせですね。

ULTRASONE IQの上は2354らしい。(情報ありがとうございます...)
スポンサーサイト
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。