Japanese New Custom IEM Company

会社名→ 株式会社 くみたてLab

そうです。あの組立工作員さんが社長さんになりました。
http://diy-ciem.blogspot.jp/2013/04/lab_30.html

氏のブログで4月1日に「設立!株式会社くみたてLab」という記事がアップされていて、またまたご冗談をと思っていたのですが、その後も訂正の記事はありませんでした。
しかし、カスタムIEMオフの際に社判(?)の入った名刺をいただき、エイプリルフールネタではないということが判明しました。
私としてもいつか組立さんが会社を立ち上げたら面白いだろうなぁとは思っていたのですが、まさかこんなに早く実現するとは思いませんでした。

今現在は販売はしておらず、一応8月から開始(?)のようです。
また、最初のモデルは3ドライバになる...かも。

いやあ、なんかこういうのって嬉しいですね。
私も何か力になりたいので、全モデル制覇する予定です。人柱は任せろー(バリバリ
勿論今まで通り他メーカー(主にマイナー処)のIEMも攻めて行きます。こういうのもあるよという感じで参考になればと。

そうそう、Mage-K ver.1がアップデート完了し、Mageではない何か(Mage-K ver.2)となって帰ってきました。
近いうちに紹介する予定です。
かなり良いです。

兎に角、今年は㈱くみたてLabに要注目です。
スポンサーサイト

激安ハイブリッドカスタムIEM

Elpis Dual Driver Hybrid Custom In-Ear Monitor
http://store.treoo.com/main/rooth-null-audio-elpis-2-drivers-hybrid-custom-in-ear-monitor.html#.UXVWoErNh8s
http://www.null-audio.com/store/null-audio-c-74_80/elpis-dual-driver-hybrid-custom-inear-monitor-p-242.html

Specifications:
Drivers: Low: 1 Dynamic driver, Mid/High: 1 Armature Driver
Sensitivity (at 1kHz): 104dB spl (1mW)
Frequency response: 18Hz - 18000Hz
Impedance: 24ohm
Noise isolation: -26dB

RoothとNull Audioのコラボレーション?
定価は299SGDですが先着100ユニットは199SGDのセール中。
4/23現在のレートで299SGD≒24,000JPY, 199SGD≒16,000JPYと格安です。
格安といえばCosmic Ears
同じ2ドラハイブリッドのHY2は約23,000JPYと定価で言えばほぼ同じ。
しかし、カスタマイズの自由度はElpisの方が上。
f特見る限りヘンテコな形ではない普通のドンシャリ傾向っぽい。割と高域がよく出てる?
悪く無さそうだけど、人柱になるなら不明な点が多いHY2かな。

更にリンク追加。

その1: 文のようで文になっていない雑記

vorbiserさんのブログ。
TWFK*4+ダイナミックやED*4+CI*2等の変態的変わった構成のIEMを作成されています。
自作されたモデルのネットワークやフィルタも記載されているので自作erの方は参考になるのでは。
ED*2+ダイナミックとED*4+CI*2を聴かせていただいたことがあるのですが、どちらも綺麗な高域でとても私好みでした。
また、シェルも綺麗でしたし、Knowlesアートワークもナイスでした。
新作にも期待してます(笑)


その2: PCオーディオとイヤホンのBlog
sisyphusさんのブログ。
Minerva Mi-3やWestone ES-1等の珍しいIEMをお持ちです。
IEMの写真がとても綺麗で、私もドライバ表の参考にさせていただいております。
また、最近自作も開始されたようで、オフの際にはCI+ED+TWFKを聴かせていただきました。
Midが特徴的なIEMでしたが、カマボコ系でよくある曇りが無くクリアで聴きやすいものでした。
CI+EDはWestone UM2から取り出したものだそうなのでこれで確定ですね。


その3: 鳴かぬなら!僕が鳴きます!ホトトギス
地デジ未対応さんのブログ。
DIY-CIEM作成に使う材料を紹介していただいたりでお世話になった自作erも多いのでは。
IEM本体以外にもUVランプ自作やネックストラップケーブル等アイディアが凄い。
ケーブルもコネクタ含め綺麗に作成されてますし、凄いなあ。
振動するIEM...聴かせてもらうの忘れてた...


その4: 682 LAB
682さんのブログ。
Sonionドライバグループバイでお世話になった自作erも多いはず。
現在、次回グループバイのアンケートを実施中のようです。Sonionドライバが欲しい方は是非。
ブログではBAドライバ単体のf特や位相による影響の解説、ネットワークの違い等を紹介されており、自作erは勿論私のような買い専が見てもためになる&興味深い内容です。
素人目で言えば、他の自作勢の方々とはまた違ったアプローチでIEMを作成されているなあと感じます。
既存の製品では使われていないであろう未知のドライバを所有されていたりで、私も気になっています。
オフでお話できなかったのが残念ですが、機会があれば682-3W5Dを聴かせていただきたい!

リンク追加。

その1: 四畳半から

DIY-CIEM界のおゆまr.....DIY-CIEM界のラスカr.....DIY-CIEM界のたぬk.....
DIY-CIEM界の人(?)、北杜うましさんのブログです!
前回のポタ研で出展(?)もしていたのでご存知の方も多いのでは。
シェルの製作過程から内部構成まで記事になっていますので、特に自作erの方はとても参考になるかと思います。
私自身うましさんとは何度かお会いしているのですが、残念なことになかなか氏の作品を聴けていません。
毎回言っている気がしますが、次はいろいろ聴かせていただきたいところ。


その2: 言うだけならタダだろう

当ブログをご覧頂いている方には説明不要、カスタムIEMといえばこの人、nTaQさんのブログです。
私がカスタムIEMに手を出す前からたびたび覗かせていただいていました。
私がブログを始めるきっかけにもなりました。最も影響を受けた方。
UMグループバイやその他もろもろ、とにかくお世話になりっぱなしです。
所持しているカスタムIEMはUMは勿論、ハイエンド機やマイナーメーカーの珍しいものなど、多数所持しておられる模様。数で言えば日本で一番多く持っているのでは?
カスタム以外にもオーディオ機器を多数所持しているようです。
ブログの方はカスタムだけでなく、ユニバーサル、ヘッドホン、アンプ、DAC等の最新情報から裏情報(?)まで多数掲載されています。
いつも思うのですが、とにかく情報収集が早く素晴らしいなと。
また、更新頻度もかなり高く、私も見習わなければ...
既にご覧の方も多いと思いますが、見ておいて損はありません!

周波数特性:AUD-5X vs AUD-7X

FR AUD-5X vs 7X(R)
5X(R) vs 7X(R)


FR AUD-5X vs 7X(L)
5X(L) vs 7X(L)


高域のピークだけがスパッと無くなったように見える。
フィルタも入れてないのにどうやったんだろう。
ローエンドは5Xも7Xも同じようにL側だけ大きく出てるけど、測定誤差ではなく実際にL側のほうが大きい??

周波数特性:AUD-7X

FR AUD-7X(R+L)

DRM EARZ AUD-7X ファーストインプレッション

AUD-7X

5Xからのアップグレードを依頼していた7Xが到着しました。
http://drmearz.com/index.php
http://audioearz.com/

7X単体だと$765ですが、5Xとの差額$200でアップグレードしてもらえます。
主な変更点はTWFKの追加とネットワークの変更。シェル・フェイスプレートはそのままで、中身のみに手を入れます。
フェイスプレートやロゴの色変更も可能ですが、別途$40必要とのことなので今回はそのまま。
また、アップグレード費用$200の他に送料$50が必要です。
製作期間は5Xがラボに到着してから2週間。

それと、最近ケースが新しくなったらしいのでせっかくだから一緒に買ってみた。$20也。
AUD-7X
黒く塗りつぶしてあるところにはネーム入り。左のDEロゴと同じように処理されています。
大きさはOtterbox 2000とだいたい同じだけど別物。
最近は1964のケースもこれと同じものになったみたい。
http://www.1964ears.com/products_accessories.html
複数のIEMを運ぶときはこっちの方がいいけど、個人的にはPELICAN 1010の方が好き。


AUD-7X
シェルは再利用するのでヘリクスロック部の刻印はAUD-5Xのまま。
確かaverage_joe氏の5Xも中身は5Xだけど刻印は4Xだったような。
因みに、フェイスプレート-シェル間に開けたような痕跡は残っていない。


AUD-7X AUD-5X
左:7X / 右:5X
TWFKが1組追加されたことによって多少配置が変わっているっぽい。ちょっと離れた?
相変わらずTWFKはフィルタレス。


AUD-7X AUD-5X
左:7X / 右:5X
3ポートだった5Xに対し、7Xでは4ポートに。
3800,CI,TWFK,TWFKでそれぞれ1本づつ。


AUD-7X AUD-5X
左:7X / 右:5X
コンデンサが一つ増えた。
抵抗はCI、コンデンサ(A)はTWFK(A)、コンデンサ(B)はTWFK(B)へそれぞれ直列に繋がっている。3800はスルー。
たぶん。
5Xでは抵抗>CI>3800と直列で繋がっていた。たしか。


AUD-7X AUD-7X
38AM007M/8a
半田パッドを見ると、上下のドライバで斜めに黄色い線がかかっているのが見えます。
この写真で言うと、上の半田パッドがプラスで、左がマイナス、右がプラス、下がマイナスです。
よって上下のドライバを直列に接続しているのが分かります。
5Xではどうだったかな。



以下音について。
参考周波数特性
AUD-7X: http://84audio.blog27.fc2.com/blog-entry-335.html
5X vs 7X: http://84audio.blog27.fc2.com/blog-entry-336.html

・バランスは低域>>高域>中域
・低域の存在感が大きくパワフルで分厚い。全体的にウォームでダークなイメージ。
・低域は5Xと比較して量感的には同じくらいだが、少し柔らかくなり3800の印象が強くなった。
ローエンドはよく出ているが、MerlinやTS842のように下をピークに中域にかけて徐々に落ち着いてくるようなタイプではなく、ローミッドをピークに緩やかに山なりになっているイメージ。BAドライバでありがちな強調の仕方でもある。
キックやシンセベースがかなり主張し前に出てくるため、元々低域が強調気味なソースだと過多と感じる人も多いだろう。
バスドラのローエンドの空気感はよく出ている方。
最近の所謂EDMなんかだと確かに過多だが、他のジャンルやソースによってはちょっと強めかなという程度で聴こえる。
押し出しの力強さはかなりのものだが、柔らかめな質のためスピード感は希薄なのでジャンルを選ぶ。
また、アンプで印象が変わりやすい部分でもある。物によっては少し緩く感じてしまうこともあるが、硬めの質の物や出力の大きなアンプだと余韻がありながら締まりが出て心地よい音になる。
これはこれで悪くないと思うんだけど、個人的にはもう少し余韻が少なかった5Xの低域の方が好み。
・中域は他の帯域に比べ大人しいが、中域~中高域はそれなりに前に来る。そのため、低域の量の割りに意外と埋もれづらい。しかし凹みは5Xと同じように存在していて、帯域が低くなるにつれて低域との分離が悪くなる。
その辺りの帯域は低域の量が勝ってしまい、どこか篭った印象になりやすい。
バランス自体は5Xとそれほど変わりは無いが、質の向上は現れている。Merlinほど明瞭ではないが、5X比で言えばかなり細かくなっている。TWFK1ユニットで多いかすれや潰れは改善されている。
ボーカルは聴けないレベルではないが、相性が良いとはいえない。聴感上起伏を感じるので不自然であるのは確か。
・高域は5Xから最も大きく変わった部分。5Xでは荒く、刺さりが酷かったが、7Xではピークが抑えられ、シャカシャカうるさい感じはだいぶ薄れた。
質的にも中域と同じようにより細かくなり、解像度が高くなった。
どちらかといえば乾いた印象で、ザラつきを少し残しつつ細かさを足した印象。
特別優れているわけではないか、悪くない質で、高い帯域の電子音はなかなか。
低域より大人しいながらも不足を感じる量ではなく、それなりに強調はされている。
伸びは5Xとそれほど変わらなく、そこそこ。
刺さりはほとんど無くなり、良くも悪くも突き抜けた特徴は薄くなっている。
・音場や定位等は5Xからの変化はあまり無く、立体的で奥行きのある音はそのまま。
・5Xよりバランスは良くなったが、低域の強さはそのままで、しっかり上下が強調されており、しっかり中域が凹んでいる。しっかりドンシャリ。

多くの人は5Xより7Xを選ぶだろう。
しかし低域が強く、明らかなドンシャリ傾向なため、ダメな人にはダメ。
バランス自体はクラブ・ダンスミュージックに合うが、低域が硬くはないため好みは分かれる。
音数の多い派手な曲よりストイックでダークな曲のほうが合う。そういう曲なら低域の質も悪い方向には働かないだろう。
全体的に特別優れた性能というわけではないが、個々の質は平均より少し上という印象。
バランスが許容できれば、悪くない・そこそこ良いという感想になる。
こう書くと微妙だが、なんとなく使いたくなるという良さがあるのも確か。
スルメホンの部類か?

AK100について。

AK100

DX100の電池持ちが悪くなってきたのでサブとしてAK100を購入しましたが、いろいろ気になる点が多いので主に不満な点を中心にまとめてみました。
後継機やファームアップに期待しているのでフィードバック(になるか分からないけど)という意味で。
スペック等は公式へ

AK100
とりあえず大きさ比較。
DX100と比較するとかなり小型です。
重量も勿論軽いが、大きさの割りにズッシリしている。


まずは長所から
・小型、軽量。かなり重要なポイントです。
・microSDを2枚収納できる。公式では内部ストレージ32GB+SD32GB*2=96Gですが、FAT32でフォーマットすれば一応64GBのmicroSDも使えます。SanDiskのは使えた。非公式ながら32GB+SD64GB*2=160GBまで拡張できます。
・ランタイムの長さ。欲を言えばもっと欲しいが、他の高級DAPと比較して長め。16bit/44.1kHzで公称16h
・FLAC対応。今となっては多くのDAPで対応していますが、私の環境でこれは外せない。
・24bit/192kHz対応。私の場合は対応していなくても問題ないのですが、あって損は無い。
・物理キー付き。カバンやポケットに入れたまま再生/一時停止、曲送り/戻しが出来る。ボタンの硬さもちょうど良く、誤操作の心配は無い。
・起動速度。iPod等(スリープからの復帰)と比較すると勝負にならないが、DX100と比較すると圧倒的に早い。
・USB充電可能。これもいまどき当たり前だけど、DX100は出来ないので。
・光デジタル出力可能。デジタル出力できるのは大きい。


さて、本題の短所(改善して欲しいところ)
・出力インピーダンスが高い。22Ωもあるのでインピーダンス特性が一定ではないBAドライバ採用のイヤホンでは音の変化が避けられない。シングルBAだろうがマルチBAだろうがこれでは使い物にならない。相性の問題で好みの音に変化すれば聴けはするが、そもそも変わってしまうという点で論外。
image X10が高域寄りになるのはドライバのインピーダンス特性がハイ上がりだからです。
AK100を購入する層ならマルチBAのイヤホンを持っている人も多いだろうけど、どうしてこんな仕様にしてしまったのだろうか。
物理的な問題なのでファームアップによる改善は不可能。
このことについては承知していて、Mod化も視野に入れて購入したのですが、これは記載しておかないといけないでしょう。
BA機を直挿し運用したいなら抵抗のバイパスは必須。
・ライン出力が出来ない。AK100クラスの値段のDAPを買う層ならPHPAを使う人も多いでしょう。なぜライン出力を付けないでデジタル入力を付けたのか理解できない。AK100でデジタル入力を使う人よりPHPAを使いたい人の方が多い気がするんですけど...
・ボリュームが邪魔。
・曲のスキャンが遅い。しかし、一度スキャンしてしまえば曲を追加しない限り再スキャンは不要。毎回スキャンするDX100に比べればまだマシと言えるかも。でも、1曲でも追加したら全曲スキャンしなおし。
・曲が急に再生できなくなる。なぜか非対応のファイルと表示されてしまい、再生できなくなる。再スキャンすれば元に戻る。
・タグが反映されない。いろいろ方法はあるようですが、他のDAPで普通に反映されるのにAK100ではダメ。私は普段Super Tag Editorでタグ付けしているのですが、これでは認識してくれません。勿論公式のスペック上で対応しているバージョンでタグ付けしています。
今までファームアップは何度かありましたが、いまだに解決していません。
・操作性が悪い。v1.32で多少は改善されたものの、モッサリしてます。曲数の多いフォルダを開くのに数十秒待つこともあるし、スクロールが遅くカクカクする。ハッキリ言ってDX100の方が何倍も快適。
・ランダム再生がアホすぎる。明らかに特定の曲がかかりやすい。DX100でもそう感じることがあるが、こっちはもっと酷い。あからさま。
・プレイリスト作成がアホすぎる。1曲づつしかプレイリストに入れられない。本体側でプレイリストの名前を変えられない。公式の出しているソフトを使えばPC側で編集できるが、普通に作ると認識してくれない。本体で空のプレイリストを作成した後にPCで編集することは出来る。
また、急にプレイリストが開けなくなることがある。一度そうなると再起動・再スキャンしても二度と開けない。
・ギャップレス非対応。MixモノのCDが結構あるので地味に痛い。


ザッとこんなところ。後でもっと思い出すかも。
RWAK100の直挿しを聴いた感じ、悪くない印象でしたが、さすがにDX100と比べると厳しい。
ただ、このサイズ、容量、電池持ちでこの音ならなかなか魅力的。やはりModか...
現状では最低でもXD-01とのデジタル接続をしないと使えない。
後はファームアップでタグとランダム再生が改善すれば大方満足。
早く何とかしてください。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link