Ultimate Ears UE900 & UE9000

UE900
http://ue.logitech.com/en-us/earphones/ue900#tab-overview
http://www.logitech.com/assets/45776/ue900-getting-started.pdf
http://www.head-fi.org/t/624973/ultimate-ears-ue-900-launch

4BA3way2boreで$399.99
ドライバ構成はLow:2 / Mid:1 / High:1
見た感じDTEC+TWFKっぽい。更に、TWFKっぽいモデルでは上下のドライバをタンタルコンデンサっぽいもので直列に繋いでいるように見える。
追記:FKとWBFKを並列に接続し、WBFK側にコンデンサを直列に繋いでハイパスフィルターにしているのでしょう。
中身はWestone4と全く同じか近いもの(sonion 3300等のデュアル)だろう。
価格帯的にも近い。
ケーブルは着脱式で、通常のものとマイク&リモコン付きが同梱されるらしい。
コネクタはMMCX?

日本でも発売されるでしょうから、とりあえず試聴ですね。


UE9000
http://ue.logitech.com/en-us/headphones/ue9000
http://www.logitech.com/assets/45382/ue-9000-quickstart-guide.pdf

$399.99
無線(Bluetooth) or 有線でソースと接続可能。
有線での接続の場合、ヘッドホン側は4極ミニプラグっぽい。

見た目がどことなくe8っぽいような・・・
この他にもUE4000,6000とありますが、個人的には9000含めてどれもあまりそそらないなあ。
置いてあったら試聴するだろうけど。
スポンサーサイト

BA Listまた少し更新。

https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AoHxSlnX1Un0dC1iMS1qN1VMODV4Wnd0a0xiNHVXLVE&output=html

カスタムにStage 93の93-QuadsとStage 6を追加。
某ブログにドライバサイズが書いてあり、それを元に予想。

ユニバーサルは一部ドライバの型番を詳細に。

勿論私が実際に見たわけではないので、間違いも多いでしょう。

イヤーハンガー?

Headphone Loungeがイヤーハンガー?のようなものを開発しているみたいです。

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=432848313427501&set=a.246011622111172.61792.181899061855762&type=1&comment_id=1182170&offset=0&total_comments=2

イヤーハンガー単体なのかヘッドバンドまで作るのかはわかりませんが。
やっぱりGrado用?

Beat Audio 9ドライバカスタムIEM

Beat Audioのタオバオ店にBA19PROなる新製品が登場していました。
http://item.taobao.com/item.htm?spm=2013.1.0.123&scm=1007.77.0.0&id=15622082450&ad_id=&am_id=&cm_id=&pm_id=


中国語は全く分からないので(英語も分かりませんが)合っているか分かりませんが、構成的には
9BA5way3bore
で、いいのかな。
高域側に5基、中域・低域はそれぞれ2基づつっぽい。
高域の5基の内訳はデュアルドライバ2つとシングルドライバ1つらしい。
クロスオーバーは低域/中域/中高域/高域/超高域・・・なのか?
中域/中高域はTWFKっぽいな。

値段は16888元
現在のレートで20万ちょい。
BA14PROの値段を知っているので特に驚きはしないが、かなり高額。

ところで、どうして19PROなのでしょうか。
BA14PROは左右7+7だから14なんでしょうけど、それを踏まえるとBA18PROなんじゃないの?
UEと被らないようにしているとか?


構成的にもなかなか面白そうですが値段が値段なので買うことは無いでしょう。

LEARのホームページがリニューアルしてた。

http://lear.hk/main

特別目新しいものはありませんが、よりスタイリッシュになったような感じ。
LCM-5や新作のハイブリッドも気になりますが、PHPAのFSM-02はそんなに高くないし、試しに買ってみるのもいいかも。

と思ったら、FSM-02 mkIIなんて出るんですね。
http://www.inearmatters.net/2012/08/lear-back-for-more.html

相互リンク

Airis LogのMell様より依頼がありましたので、リンクさせてもらいました。
ポータブルオーディオ関連の話題が中心で、ケーブル等の自作、Trapeziumの改造等も行っているようです。
是非足を運んでみてください。

BA List更新。

googleスプレッドシート化してみた。画像だと限界があるので。

HTML版
https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AoHxSlnX1Un0dC1iMS1qN1VMODV4Wnd0a0xiNHVXLVE&output=html

xls版
https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AoHxSlnX1Un0dC1iMS1qN1VMODV4Wnd0a0xiNHVXLVE&output=xls

簡単に言うとHead-fiの例の表のパクリです。
まあ、便利そうなのはパクらせていただきますよ。
内容自体はほとんど追加していません。
TS853,UERM,Zeusの3種のみ。

UERMの低域ドライバは型番は見えないが、大きさと半田パットの配置からCI22955と予想。
Zeusの中身はHead-fiより。
4400が使われていたんですね。それも2ユニットも。

Westone3x6をバランス化してみた。

W3x6 with HR

ちょっとケーブルを作っていたので、ついでに余っていたSupreme-Roseをまたリ端子してみた。バランス駆動の据置き環境もできたことだし。
Westone3x6に使用。
IEM本体のコネクタにダメージが蓄積されるので、ケーブルの抜き差しはあまりやりたくないのですが、W3x6はそのうち8ドライバ化する予定なので犠牲に。
というか、既にW3x6のコネクタが半分壊れてます。
左のマイナス側のメスピンの固定が外れかかっていて、奥のほうに動いてしまっています。
まあ、覚悟していましたけどね。

で、バランス駆動でどう変わるかというと、
・低域を中心に押し出し、沈み込みが強くなる。
・全体的に音が分厚く、濃密になる。

機種にもよるのかもしれませんが、簡単に言うとパワフルになります。特に低域の変化が印象的。
ただ、絶対的にシングルエンドより高音質になるというわけではないと思います。
聴いて楽しいのはバランス駆動ですが、繊細さを求める人には合わないかも。

Thousand Sound TS853

ちょっと情報が遅いですが・・・
ハイブリッドカスタムIEM TS842の後継機が存在するようです。
ソースは、私も以前から拝見していたとある日本のブログです。(千音でWestone3の5ドライバ化をしていた方)
Thousand Sound TS853で検索すると上のほうに出てきます。

中身は3Way5ドライバのハイブリッドだそうです。
約$800らしい。

ドライバ構成はLow:3 / Mid:1 / High:1
内Lowの1基はDドライバ。
BAドライバはJH13と同じとの事だが、中域・高域は一基づつなのでDFKではなく、TWFKと予想。
低域は3300かな?
低域にDとBAを両方使っているらしいが、両方とも同じようにローパスを使っているかな?もしくは両方ともスルー?
少なくともDとBAで帯域を被らせているのは間違いないようです。
レビューを見ると、低域はそれほどモリモリというわけでも無さそうなので、Dの感度を調整しているのかな。
ローエンドに特化させるみたいに。

とりあえず気になる機種。TS842もなかなか良かったし。
いつ市場に登場するのかは不明。
Thousand Sound自体中国国内がメインの市場なのか、情報がなかなか見つかりません。

ALO JH cable

どうも。ご無沙汰しております。
サボってました。

まだ書いていなかったことがいろいろあるので、ちょっとづつ紹介していきます。
まずは今年の2月くらいに購入していたALOのカスタムIEM用ケーブルから。
ALOのケーブルというと高額なものばかりですが、私が購入したのはDemo and discountedにあったものです。


ALO cable
御値段$75
ALOとしては破格の値段。しかし、造りもそれなり。
太さはあまり無いが、平型ケーブルでシース表面が硬めなため取り回しはあまりよくない。
ケーブル自体はそこまで硬くは無いが、シースのおかげで反発し、真っ直ぐになろうとする力が強い。

音質自体は悪くない。
線が細くクッキリした印象になるが、高域が刺激的になる。この辺は好みの問題。
AUD-5Xで使うと、より刺激的になり、キャラが引き立つが、取り回しの問題で現在はUE純正に戻しました。
UE純正に戻すとちょっとモッサリした印象になってしまったが仕方が無い・・・


ALO cable
コネクタは埋め込み対応。
イヤーフックは無く、更に平型ケーブルなので装着感は悪い。シースの硬さで耳の裏がちょっと痛くなる。


やっぱりケーブルはUE純正があればいいですね。
サードパーティー製をいろいろ(安いものばかり)試しましたが、個人的に取り回しを犠牲にしてまで交換するほどでもないかなと思います。
取り回しが悪いと自然とそのIEMの使用頻度が下がりますし。
使いたいけど、取り回しが悪いから今日はこっちのIEMでいいやということが多々あります。
逆に特に大切にしたいIEMには取り回しの悪いケーブルに付け替えれば長持ちするかも。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link