究極の"カスタム"イヤーモニター

とんでもないものが現れました。
http://www.logitech.com/en-us/ue/custom-in-ear-monitors/devices/ue-personal-reference-monitors#section=overview
http://www.head-fi.org/t/612445/ultimate-ears-personal-reference-monitors-the-custom-custom-in-ear-monitor

カスタムIEM愛好家なら一度はしたことがあるであろう妄想が現実になったようです。

Ultimate Ears Personal Reference Monitors

中身としては5ドライバ3way構成。
PRMだけに用意されたウッドプレートも選択可能。
この内容なら$1,999.99という値段もそれほど高いとは感じない。

何とか日本でも注文できるようになって欲しいのですが、なったとしても必然的に国内価格になってしまうという・・・
スポンサーサイト

Frogbeats customsの価格とか。

結構前にHead-fiに情報が出ていたようです。スレが伸びてなかったから全くチェックしてなかった。
http://www.head-fi.org/t/584473/frogbeats-customs/15#post_8370208

C5-£625
C4-£530
C3-£460

うーん。微妙な値段ですね。低価格とは言えないか。
あとは、クリアカナルだけじゃなく色付きカナルもOKとか、デフォルトのカラーは10色とか。

Frogbeats customsに続報。

frogbeats customs

各モデルのスペックが公開されたわけではありませんが、Frogbeatsから続報メールが来ました。
簡単にまとめると。
・もうオーダー可能。
・詳細情報はメールをすれば答えてくれるらしい。
・カーボンファイバー、クリアカナル、アートワーク可。
・グループバイも受け付けている。
・C4はフラット傾向。
・C3,C5はV-shape(=いわゆるドンシャリ傾向)
だそうです。

まだホームページの方は準備中ですが、注文は可能だそうです。
http://customs.frogbeats.com/

うーん、まだちょっと決めかねるかなあ。

Thousand Sound TS842 ファーストインプレッション

TS842
自身2機目のハイブリッドカスタムIEMであるThousand Sound(千音) TS842が到着しました。
http://bbs.erji.com/read.php?tid=520827
http://shop35979424.taobao.com/?search=y

注文内容は
Color: Translucent Wine red with Clear Canal
Connector: Recessed Wetone/JH type
ケーブルは手持ちのUE純正を使うので頼まなかった。
計$590也
内訳は不明なため、送料がいくらなのか、クリアカナル・埋め込みコネクタによる追加料金が掛かっているかはわからず。

4/3 質問メール送信。なかなか返信が来なかったので、何度か送った。3日より前にも送ったかも。
4/5 返信あり⇒見積り依頼⇒返信あり⇒発注
4/7 インプレッション発送。
4/9 インプレッション到着⇒請求のメール⇒支払
4/12 受領確認のメール。
4/26 「いつごろ出来る?」
4/28 「もうちょいで出来る。発送したらトラッキング#を教えるよ。」
5/5 「まだ?」⇒「来週の火曜日に出来るよ。たぶん。」
5/8 PayPal経由で発送の連絡。EMSにて。
5/9 追跡してみたところ、実際にはこの日に発送したみたい。
5/13 到着。

インプレッションが向こうに到着してから完成までは1ヶ月ちょっとかかった。
もう少し早くできると思ったんだけど、ちょうど忙しかったのか、UM等とほぼ同じ納期だった。

以下見た目と感想

続きを読む

Silver Ray IEM Cables到着。

Silver Ray IEM Cable


HD800用ケーブルに気をよくして注文していたIEM用ケーブルが到着しました。
実際到着したのは1ヶ月ほど前ですが。
注文から到着まではHD800のときとほぼ同じで、約1ヶ月。
http://headphonelounge.com/
http://chrishimselfaudio.blogspot.jp/

Silver Ray IEM Cable
造りはなかなか綺麗だが、手作りを感じさせる出来。

Silver Ray IEM Cable
分岐部分。柔らかいゴムのようなスライダーが付いている。
線の太さはESケーブル(現EPICケーブル)よりも少し細い。ただし、柔らかさではESケーブルが圧倒的。
Silver Rayは単線なのでかなり硬いです。


Silver Ray IEM Cable with W3x6
装着。コネクタがちょっと長いので、若干前に突き出た形になります。
自作コネクタなら仕方ないということは身をもって理解しました。
イヤーフックには針金が入っています。

以下使ってみた感想。
・単線だけあってケーブルは硬い。曲がるのは曲がるが、反発して戻ろうとする力が強い。分岐後(IEM側)は線の表面が硬く、タッチノイズが気になりそう。分岐前はシースのおかげでだいぶマシになっている。
・音質については基本的にHD800用ケーブルと同じ印象。全体的に細く鋭い印象で、解像度は高く感じる。また、音の輪郭がより明確になり、定位がしっかり定まったように感じる。低域の量自体は変化していないが、輪郭がハッキリしたおかげで、インパクトが強くなったようにも感じる。

総評としては、"ケーブルが硬く、取り回しは悪いが、音質は良い"
他ブランドには$200前後のケーブルが多いが、Silver Rayはその半額以下で買える。この値段を考えれば音質についてのコストパフォーマンスは他ブランドより良いだろう。
扱いやすさを優先するか、音質を優先するか。といったところ。

個人的にHEADPHONELOUNGE製ケーブルの取り回しについては、屋外での使用頻度が高いIEMにはあまり適していないと思う。ただし、HD25等のポータブル可能なヘッドホンで、全体にシースを付けたケーブルならばそこまで気にならないだろう。
室内で使うヘッドホンなら全く問題ない。むしろオススメできる。他と比べ安いし、良いケーブルだと思います。

そういえば、IEMケーブルは埋め込みに対応した(これからする?)ようです。
ホームページからは選択できませんが、メールを送れば対応可能らしい。

カスタムIEM用ケーブルを作ってみた。

DIY Cable

使用した線材は以前作ったPRO900用ケーブルで使用したものの色違い。
コネクタは、UE純正のコネクタの片方にヒビが入っていたので、ばらして移植。
UE純正は圧着タイプのピンだったので、ピン側面に半田付けしました。Dockコネクタを作ったことがある人なら難なく半田付けできるでしょう。
コネクタ部は熱収縮チューブとギボシ端子で固定。
ついでにイヤーフックの針金も移植しました。おかげで仕上がりが汚くなりましたけど。


DIY Cable
分岐部はちょうどよい大きさのプラスチックの筒があったので使ってみました。
分岐前は4つ編み。長いので編みこみに時間がかかった。


DIY Cable
W3x6に付けてみた。
ピンを長く出しすぎたせいで、納まりがあんまりよくない。
線材自体柔らかいのでイヤーフックはいらなかったかも。無くせばコネクタ回りがもっとスッキリしそう。


DIY Cable
ついでにmini-miniも作った。
4本使用+編みこみなのでプラグのハウジング径がギリギリで、ケーブルの被覆を傷つけてしまった。
mini-miniみたいな短いケーブルで4つ編みはなかなか難しい。片方のプラグ付近は編み込みがおかしなことになってる。


使ってみた感じ、どちらのケーブルも柔らかい線材のおかげで、取り回しは悪くない。
IEM用もSilver sonic MkIIIより太いけど、少し柔らかい。
コネクタさえもっと綺麗に作れるようになれば、お安く高級感のあるケーブルが自作できます。

というか、今回改めてW3x6の優秀さに関心した。
ファーストインプレッションでも書いたけど、JH13とは好みの差ですね。解像度等の性能面では若干JH13がリードしている印象ですが、W3x6のバランスが好きならカバーできる差ですかね。

BAドライバ表更新

Custom
IEM BA Drivers

Universal
IEM BA Drivers

主に祭で見てきたものとか、Head-fiのレビュー記事の写真からとか。
AUD-5Xの低域は1Low/2Low-midだそうなので、予想通りCI/3800で確定。


こうしてドライバだけで見ると4400シリーズを使ったearproof AtomとHIDITION NT-6が気になる。
Atomはたぶん初めて4400を使ったIEM
NT-6はなかなか自分好みな音がしそう。
average_joe氏のNT-6Proのレビューにも期待。

そろそろリストも大きくなってきたので、画像じゃなくてファイルでもアップしようとしたけど、拡張子とファイルサイズの制約があり断念。
うーんどうしようか。

HeadAmp製品に新色追加。

いつの間にか新色が追加されていました。
http://www.headamp.com/

対象はPico DAC/AmpとPico Slim
Pico DAC無しはブラックとシルバーのみ。

また、18日時点で据置き機種以外は在庫ありのようです。
在庫があっても発送がどうなるかは分かりませんが。

今となっては少々古い機種ですが、Picoは私が現在所持しているPHPAとは傾向が違いそうという点で前からちょっと気になっていました。
まあ、買うとしてもだいぶ後回しでしょうが。
据置き環境を整えるのが先かなあ。

Westone2のドライバ構成

以前紹介した記事で、Westone2のドライバが本当にGQなのか確信できていませんでしたが、やはりGQで間違いないようです。

というのも、最近5ドライバやらハイブリッドカスタムを開発中らしいのLEARのReshellページのギャラリーにWestone2が写っていました。
http://lear.hk/contents/images/product_images/rs_11.jpg
特徴的な形からGQであると判断できます。

ちょっと気になるなあ。1万円くらいでWestone2が手に入ればアップグレードを考えてみます。

Frogbeats Customsのティザーサイトがオープン

以前紹介したFrogbeats Customsのサイトがようやく公開されました。
C5のほかにも噂通りC3,C4もあるようです。
http://customs.frogbeats.com/

といっても、サイト上ではまだ詳細は伏せられており、メーリングリストにサインアップすることで情報が得られるようです。
あとはFAQページを見れば、納期の目安や埋め込みソケットには対応していないこと等は確認できます。
C5のドライバ構成については、以前Facebookに公開された写真からCI/TWFK x2の3wayでは?と予想できます。C3,C4はどうなんでしょう。
http://www.facebook.com/wearefrogbeats

まだ詳細が分からないので、とりあえず続報待ちですかね。
そういえばaverage_joe氏は結構前からFrogbeatsにインプレッションを発送済みのようですね。C5を注文しているみたい。
彼のレビューにも期待ですね。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link