スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとIIDX IDを晒してみる。

よくわからない人はスルーしてください。
オーディオ機器とは全く関係ないので。
失礼しました。

続きを読む

スポンサーサイト

iBasso D-Zero到着。

D-Zero 01

注文していたD-Zeroが届きました。

8/18 注文&支払い
8/19 発送メール
8/24 到着


D-Zero 02
タバコの箱と比較。
横幅はほぼ同じで、縦はタバコより少し小さい。厚みは約半分。かなりコンパクト&軽量です。


D-Zero 03


で、音のほうは
・パッと聴きの印象は少々硬めで、元気な音。
・低域というより中低域(バスドラ周辺)が強め。又、中高域も強め。いわゆるドンシャリ傾向。
・極端ではないが、相対的に中域が少しだけ小さい。
・音場は若干狭い。
・クリアネスは悪くは無いが特別良いわけでもない。不満が出るようなレベルではない。
・解像度は値段にしては良い。というか、ドンシャリ気味で固めの音だからそう感じるんだと思う。高価で評判の良いPHPAに慣れているとさすがに差は感じるが、安物を聴いたときのそれとは違う。
・UERMで聴いてみたらかなり元気になった。モニター用がリスニング用に寄ったような感じ。
・特に面白かったのが10Proリモールド。D-Zeroが強調する帯域が影響してか、中域がかなり独特な音色になった。説明するのは難しいが、サラウンド的な感じ・・・かな?響きが増す感じ。リモールドじゃないほうはどうなるか不明。

値段を考えれば悪くないと思う。
ただ、純粋なアンプとしてというより、イコライザ的な使い方になる。直刺しとの変化は結構ある。
小型・薄型・電池持ち・充電時間等ポータブルとしての性能は良い。
気になるところは、なぜか小型アンプでよくあるジャックの固さ。しっかりホールドしてくれるのはいいが、何度も抜き差しするとプラグ側にダメージがありそう。ジャックの寿命とトレードオフか・・・

SENNHEISER HD800の周波数特性グラフを請求してみた。

今更だけどやってみた。
HD800は本国のサイトで請求すればSNごとの個別のf特グラフを請求できます。
http://www.sennheiser.com/sennheiser/home_en.nsf/root/spec_hd800のTechnical dataタブ内から請求できます。
到着したら公開予定。

1964 Earsのページが死んでる?

ちょっと前から1964 Earsの公式ページが死んでるっぽい。
Facebookも更新してないし・・・夏休み?
Twitterのほうはもともと頻繁には更新していなかったけど、8月5日から動き無し。
http://twitter.com/#!/1964ears

そのTwitterでは近いうちに何か発表があるようなことを言ってますね。
Head-fiで話題になっている6ドライバーじゃないかなと期待。
http://www.head-fi.org/t/556335/1964-ears-may-i-please-have-a-six-pack-to-go-1964-v6-in-development

"Oslo" Beat Audio Earphone Cable

Oslo beat audio earphone cable

現在発売中のOsloですが、Stephenから写真の提供があったので改めて紹介します。
Thank you Stephen

Beat Audio Earphone Cableの中でもダントツに高額なケーブルです。
Cronusと比べても$300差。
写真の通り見た目は美しく、プラグ・分岐部・コネクターがゴールドで高級感はかなりのものです。
ただ、日本語のレビューが見当たらず、肝心の音がどうなのかが不明。

まあ、今は野暮なことは言わないでおきましょう。
持っている人がいたら感想を聞かせてくださいね。

costum-iem.comでWan Xuan i9pro取り扱い開始。

http://www.custom-iem.com/wan-xuan-i9-pro-single-14mm-dynamic-driver-p-661.html

$669でした。
今のところi9proのみだけど、これから増えていくのかな?

今のところ購入予定は無し。さすがに情報が少なすぎる事と、フェイスプレートの穴による遮音性の低下がどれくらいなのかが不明なため。
ダイナミックのカスタムといえばFuture Sonicsですが、こっちも持っている人は少ないようで情報少なめ。

Future Sonicsはmgシリーズのカスタム以外にもユニバーサルのAtrioシリーズがありますが、こちらはなかなか好評のようで気になるところ。
現在のAtrioはMG7という10mmのダイナミックドライバーを使用しているようで、新旧ドライバーの比較がHead-fiにありました。
http://www.head-fi.org/t/554068/review-future-sonics-atrio-m5-with-mg7-transducer

話が脱線しましたが、カスタムIEMでダイナミックドライバー1機というのは正直言って躊躇してしまいます・・・

custom-iem.comがUM以外のカスタムIEMを取り扱うらしい。

http://www.facebook.com/pages/Unique-Melody/145824605434429?sk=wall

custom-iem.com
のほうはご覧の通り準備中。

beataudioのtaobao店ではこんな感じ
http://beatheadphone.taobao.com/?search=y&scid=242929309&scname=tqW8tsu9yMu2qNbGtvrI%2Bw%3D%3D&checkedRange=true&queryType=cat

head-fiにはcustom-iem.comでの価格も書いてあった。本当かは知らないが。
http://www.head-fi.org/t/541494/custom-iem-resource-discussion-thread-info-on-page-1-reviews-info-manufacturers-ask-questions
WX i9が$529。WX i9proが$619だそうです。
proも無印も14mmのダイナミックドライバー1つだそうだけど、どう違うかは不明。
半開放型だそうで、beat audioの商品写真を見た感じだとフェイスプレート中央部に穴が開いている。

iBassoから何か出てた。

iBasoから薄型ポータブルDAC/AMP複合機が出てた。
iBasso D-Zero

Wolfson WM8740 DAC Chip + TI PCM2706
- USB signal input, provides I2S interface for decoding
- Works as a DAC+AMP Combo, a standalone AMP, or a standalone DAC (Line out function)
- 2-Setting Gain Switch for impedance matching
- Rechargeable Li-polymer battery with integrated charging system.
- Slim and small, it is ultra-portable design.

T3DとD2+の中間のような製品なのかな?
でもT3Dより安いのか。

ということで早速ポチってみた。
値段と大きさからそこまで期待はしていないけど、薄型アンプを持ってなかったんで試しに。
薄型といえば例の4Gはどうなるんだろうか・・・
じつは3月末くらいに注文していたり・・・

JDS Labs C421に動きが。

最近仕事の関係でちょっと更新と情報収集が出来ない状況でしたが、久しぶりにサイトを巡回していたら、個人的に注目しているアレに動きがあったようです。
JDS Labs C421

見た感じやはり薄型のようですね。
初回ロットは100台だそうです。
初回ロットかどうかはわかりませんが、たぶん購入すると思います。

1964 EARSでもWood platesが。

UMに続き1964EARSでもWood platesが使用可能になったようです。(これからなるのかな?)
http://www.facebook.com/1964ears

いかにも木って感じ。個人的にはUMのWoodのほうが好きかな。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。