スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Opus#1にプレイリストファイル(m3u)を入れよう。

Opus#1のFW V2.0以降からプレイリスト機能が追加されたとの発表がありましたが、プレイリストの中身が空っぽという声が頻繁に上がっていたように思います。
私も同じ症状で困っていたので、試聴会で日本代理店の方に質問したところ使えるという答えはありましたが、具体的な方法は特に発表されず半ばあきらめていました。
ところが、今月に入ってプレイリストが使えたという書き込みを見かけたので、幾つか検証してみたところ正常に読み込むようになりました。
結果的にはとても単純なことだったので、初めから何の問題もなくプレイリストが使えていた方もいると思いますが、方法を検索しても具体的な例が見つからないため、一応まとめておこうと思います。
※ここでの"プレイリスト"とは外部プレイリストファイル(m3u)を読み込んで再生させる方法であり、本体から作成するプレイリストとは別のものです。


Opus#1でm3uファイルを読み込ませる方法

① m3uファイルをMicroSDに入れる。

以上。

本当にそれだけです。
ただし、m3uファイルは読み込むが、m3u8ファイルは読み込まない(本体のプレイリストタブには表示されるが、タップすると中身が空っぽ)。
私もまさかそんなことは無いと思い込んでいたので見落としていました。
因みに私が使っていたプレイリストファイルは全てUTF-8で保存されたm3u8ファイルで、Fiio X5 / Fiio X5II / Shanling M1等で問題なく使用できていました。
もっと言うとOpus#3でも使えた気がします。

Twitter等ではMicroSDのルートにm3uを置かないと読み込まないとの情報がありましたが、私の場合はスロット1のルート/Playlists(m3u)/xxx.m3uと配置していますが、問題なく読み込んでいます。
これはもしかしたらファイルパスの記述によるのかもしれません。

以下のプレイリストファイルは使用していたm3u8ファイルの拡張子をm3uに変えただけのもので、Opus#1で正常に読み込んでいるものです。
中身は全く変更していません。

プレイリスト1


因みに以下のファイルも1曲も欠けることなく読み込みます。

プレイリスト2

1行目の#EXTM3Uも2行目、3行目のような表記でも問題ありません。
ドライブレターの指定は必要ないようです。
基本的には元々使用していたファイルの拡張子をm3uにしておけば問題なさそうです。
いろいろ検証した後は設定→初期化→DB初期化でデータベースを初期化しておきましょう。


まとめ
・m3u8ではなくm3uファイルを準備すること。
・m3uを置く場所はMicroSDのルートじゃなくてもOKっぽい。(内蔵ストレージでもOK??(未検証))

それでも読めないという方は、繰り返し検証するための読み込み時間を短縮するために小容量のMicroSDを用意し、文字コード・ファイルパスの確認をしてみましょう。


公式ではプレイリストの対応については各機種共通とのことだが、m3u8がOpus#3で読めてOpus#1では読めないことから微妙に違いがあるのかも。
スポンサーサイト

The bit Opus#1 ファーストインプレッション

Opus#1
気になっていたOpus#1を購入したのでレビュー。
音質については軽くで、主に使い勝手と改善して欲しい部分について触れます。

公式サイト
英語http://www.audio-opus.com/
日本語http://www.audio-opus.com/jp/

スペックはこちら
http://www.audio-opus.com/jp/opus1/


Opus#1 Opus#1
付属品はUSBケーブルと取説と保護フィルム1枚。
本体背面には既にフィルムが貼り付けてある。
レザーケースは別売。

続きを読む

iBasso DX90 ファーストインプレッション

DX90
DX90が到着しました。
発売日の4/7に支払が完了したときには2日以内で発送だとか言っていたような気がしましたが、実際に発送されたのは4/12日でした。
まあ、まあこのくらいならよくあること。



DX90
箱は帯以外DX50と同じ。
付属品はUSBケーブル、同軸ケーブル、バーンインケーブル、シリコンジャケット、スクリーンフィルムx2
DX90本体の隣にあるのがバーンインケーブル。
これを挿してバーンインしろってことだと思います。
因みに左右共にHot-Cold間に約33Ωの抵抗が入っているようです。


DX90
DX50と並べるとほとんど見分けがつきません。
左がDX90


DX90
裏面はモデル名の印字だけ違う。
DX50と比較してDX90の印字は少し盛り上がっていて、触ると違いが分かる。


DX90
モデル名の印字以外で唯一違うのがジャックの形状。
上がDX90
銀色の円の面積が違うのでここを見れば判別可能。


DX90
バッテリーはDX50と共通のもの。


DX90
以下、ちょっと使ってみた感想。
まだヘッドホンアウト端子を数時間しか使っていません。

・わずかな違いはあれど、UIはDX50の最新ファームとほぼ一緒。DX50を使っていた人は迷うことなく使えるでしょう。因みにDX90のファームはV2.0.0が入っていました。
・DX50からの改善点はライブラリの再スキャンが自由に出来るようになったこと。DX50では一旦PCに接続→解除を行わないとスキャンが出来なかったが、いつでもできるようになった。
・致命的なバグは今のところ見つからないが、一度だけ曲が途中で急にスキップされることがあった。その後、一瞬再起動のような動作になり元に戻った。直前でギャップレスのON/OFFを操作していたからかも。
・一部の漢字や記号が文字化けしている。言語を日本語にしても変わらず。
・発熱はDX50よりありそう。シリコンジャケットを装着した状態で30分~1時間くらいで温かくなる。DX100ほどにはならない。
・DX50で目立っていたホワイトノイズが大幅に減少し、ほぼ聴こえなくなった。
・音の傾向は少し柔らかめで低域がしっかりした音。どちらかといえば美音系。Fiio X3と違って低域が強いと感じるような強調感があるわけではなく、自然ながらしっかり出ている印象。
・DX50で感じた平面的な印象は無くなり立体的になった。また、DX50と比較して滑らかになり、より繊細になった。
・DX50より音楽的な鳴り方。DX50はスッキリめで味付けの薄い音。傾向は違うものの、確実に性能が良くなった印象。
・DX100はDX50に近い傾向で、上位互換というような印象。DX90とは別の性格。
・低域の量感はDX100よりDX90の方が多く感じるが、質は好みの差。ゆったり目ながら緩さを感じさせないDX90、より芯が硬く付帯音の少ないDX100。
・DX100はDX90より細かさや余裕のある音で、さすがに一歩譲ると感じるが、価格差ほどの大きな差は無い。好みによってはDX100よりDX90の方が好きだという人もいるかも。
・例えとしてはDX100/DX50はBAっぽい音で、DX90はダイナミックっぽい音.....かも。

DX90は価格抜きにしてもかなり健闘していると感じます。逆に駄目な点は内蔵メモリの少なさとバッテリー持ちの悪さといったハード的な面。
今のところ私の中ではDX100>DX90>>DX50>=X3といったところ。
Fiio X5と比較したいですね。

iBasso DX90発売開始!

http://www.ibasso.com/en/products/show.asp?ID=83

してました。
プリオーダーではないようです。
UIがDX50と一緒なら最初から十分使えるのではないでしょうか。
とりあえずポチりました。

iBasso DX50 ファーストインプレッション

DX50
予約していたDX50が到着していました。
1st batchだったので予備バッテリー付きでした。
X3と同じく、まだ数時間しか使用していないので、とりあえず気づいた点を。


DX50
正面。そこそこの高級感。
前面のハードキーは戻る/再生・停止/進む


DX50
上側面。
左からUSB/Micro SD/Coaxial Out


DX50
左側面。
左から電源ボタン/ロックスイッチ


DX50
下側面。
左からPhone Out/Line Out/Gain


DX50
右側面。
左からボリューム-/ボリューム+


DX50
裏面。
DX100と同じようにヘアライン仕上げ。


DX50
サイズ比較1
左からDX100/X3/DX50
X3より短いが、横に広い。


DX50
サイズ比較2
厚みはX3とほぼ同じ。
重さはX3より軽い。



取り回しはX3と同程度だが、より軽いのはメリット。
DX50

では気づいた点。

・ファイルの管理はタグ/フォルダどちらでも参照可能。
・公式のスクリーンショットではプレイリストの項目があるが、今のところ実機では存在しない。
・再生できない曲がX3より多く、再生できないファイルはタグ一覧の中には現れない。(タイトルorファイル名(以下orファイル名略)が長い曲、タイトルに'が付いた曲等)
・タイトルが長い曲はフォルダから選曲すれば再生可能だが、再生が終了するとアルバムの頭に戻る。
・タイトルに'が付いた曲はフォルダ管理では表示はされるが再生できない。選曲するとスキャン画面の後に再生が終了する。
・Aという曲の次にタイトルの長い曲orタイトルに'が付いた曲という順番だと、Aが終わるとアルバムの先頭に戻る。
・タグから選曲する場合、再生できない曲はリストに無いので先頭の曲には戻らないが、リストに無い曲は再生されない。(=スキップされる)
・タッチパネルのスクロールやフォルダを開く速度は速い。しかし、スクロール時に残像みたいなものが出る。
・字が細く見づらい。
・ギャップレスはDX100と同じくOFF/5sec/10secで設定。イマイチ意味が分からないが、OFFでなければノンストップの曲は繋がる。
・ギャップレス+ランダムでも繋がる。
 極めて珍しいが、DJ MURASAME/FREE CONNECTIONというアルバムはランダムで再生しても全ての曲が繋がるように出来ていて、DX50でギャップレス+ランダムを設定すればランダムで全曲繋がる。
・ギャップレスはタグから選曲してもフォルダから選曲しても効く。
・セパレートトラック再生時、ギャップレスのON/OFFに関わらず曲の頭が少し切れる場合がある。
・ファイルのスキャンはDX100より時間がかかる(X3よりは早い)が、一度スキャンが完了していれば再起動時のスキャンはすぐに終わる。
・スキャンが完了していれば、起動後に操作できるようになるまでの時間はX3の倍くらい。(10秒~15秒)
・音の傾向はフラット。高域に多少の荒さを感じる。
 X3より低域が少ない。というよりX3は低域を盛っている印象。音場はDX50の方が若干広い。
 AK100はDX50より全体的に線が細い印象だが、より細かい。
 周波数のバランスは各々好みがあるが、今のところ全体の性能的にはX3とほぼ同等と感じる。大差は無く、好みの差。


ハイレゾファイルは持ち合わせていないので未検証。バグがある模様。
USB OTG機能もあるが自分では未検証。一応使えるらしい。
現段階だと操作性がまだまだダメな印象。
X3と比べてギャップレスが効くのは良いが、プレイリストもお気に入り機能も存在しないので使い勝手が悪い。
また、特にフォルダから選曲した場合の動作が悪く、アルバムを通しで聴くことすら出来ない。(タグから選曲すれば再生できないファイル以外は聴けるが)
ファームアップに期待。

Head-fiにはバグリストスレがあるが、まだあまり読んでません。
http://www.head-fi.org/t/680472/dx50-bug-list-wish-list-fix

iBasso DX50遅延。

iBassoからこんなメールが。

"First of all, thank you for your DX50 order.
There are problems on the DX50's case supply, and we have to defer all of the 1st batch DX50 shipments. We apologize for any inconveniences this may have caused you. We promise your DX50 order will be shipped before Sep 6th, and will try out best to send out your shipment earilier. We also promise you will be satisfied with both of the DX50's build quality and sound quality.
As a compensation, we will include a spare battery inside the shipment. We hope you can accept our apology."

ケース供給に問題があるから1stバッチが全部遅れるよ。
9月6日までに...出来ればもっと早く送るよ。
お詫びに予備バッテリーを入れとくから勘弁して。
マジごめん。

だそうです。
2ndバッチ以降もやっぱり遅れるのかな。

iBasso DX50発売開始!

http://www.ibasso.com/en/products/show.asp?ID=81

油断していたら発売されていました。
とりあえず発注済。

Fiio X3 new firmware 1.25

出てました。
http://fiio.net/news/index.aspx?ID=100000099438859&page=1
とりあえずアップデートしてみる。

Fiio X3 ファーストインプレッション

Fiio X3

予約していたFiio X3が到着しました。
7月下旬に割引をしていたTREOOで予約。
気長に待つつもりでしたが思いの外早く到着しました。

まだ一日しか使っていませんが、気づいた点をまとめてみました。



Fiio X3
サイズ比較。
左からDX100,X3,iPod Classic
横幅は一番小さい。長さは蔵とだいたい同じくらい。
因みにジャケットは付属している。


Fiio X3
厚さはDX100>X3>蔵
蔵より少し厚い。
重さはDX100>蔵>X3


Fiio X3
ジャケットを外すとこんな感じ。


AK100ほどコンパクトではないが、割と小型・軽量なので取り回しは良い。
スペック等は公式へ。
ファームウェアも公式にありますが、現在公開されているv1.23は最初からインストールされていました。


・UIは一昔前のDAPを思い出すような操作性。
 タッチパネルは搭載されておらず、全てハードキーで操作。
 起動時間は早い。電源ボタンを長押しして画面が点灯してから約5秒ほどでメインメニューが現れ、操作できるようになる。
 操作のもたつきはあまり無いが、ファイル数の多いアルバムやフォルダを開くと少し固まる。
 ファイル数の多いフォルダ等を頻繁に行き来したり、再生中に頻繁に操作するとフリーズすることがある。
 その際はリセットするしかない。リセットにはシャーペン等の細い棒状のものが必要。
・楽曲ファイルはタグ・フォルダどちらでも参照できる。
 タグで管理したい場合はライブラリの更新が必要で、この更新にかなり時間がかかる。
 本体8G+microSD64Gをほぼ満杯でスキャンすると軽く1時間以上かかる。正確な時間は不明。
 ファイルを入れ替えて再スキャンする場合は、そこまで時間はかからないので差分だけ読み込んでいる様子。
 スキャンが完了すると、メインメニューからアルバム・ジャンル・アーティストから選択できるようになる。
 タグ管理が不要ならスキャンしなくてもフォルダから参照可能。
・プレイリストは非対応。変わり...にはならないが、お気に入り機能がある。
 お気に入りに追加の操作は再生中画面で戻るボタンを長押ししないと表示されないので、一曲づつしか追加できない。
・一部のファイルが再生できないことがある。
 恐らくタイトルが一定以上長いと読み込めないのだと思う。
 ただし、タグではなくフォルダから潜っていくと問題なく再生できる。
・ギャップレス再生はON/OFFできるが、ONにしても出来たり出来なかったり。
・メニューの日本語化可。
・ゲインはLow/Hiで設定可。
・EQは高域と低域の二つだけで、それぞれ+-10まで設定可。
・再生モードはノーマル・ランダム・1曲リピート・全曲リピートから選択可。
 ただしランダムにしても順番にしか再生されない場合がある。
 詳しい原因は不明。
 「タグorフォルダから目的の楽曲を再生→再生中画面の表示→メインメニューまで戻る→更に戻るボタンを押すと再生中画面になる」この状態だとランダム再生にならないような気がする。
 「タグorフォルダから目的の楽曲を再生→再生中画面の表示」この状態のままならランダム再生される...ような気がする。
・音質はまあまあといったところ。DX100比でいえば、傾向としてはドンシャリ。
 低域・高域共に少し盛られている印象。
 低域はボワ付くとまでは行かないが、柔らかめで普段より目立つように感じる。
 高域も少し盛られている。刺さるように鋭くはならないが、低域と同じように少し目立つようになる。
 音の細かさは取り立てて優れてはいないが、ネガティブな印象を持つほど悪くは無い。サイズを考えれば悪くないか。
 DX100と比較するとさすがに差を感じる。細かさしかり、広さしかり。
 傾向も質もDX100よりはT51に近い印象。



このサイズ、価格を考えれば音質的には良いんじゃないのと思います。そこそこコンパクトで取り回しも良いですし。
ただ、UIにはまだまだ改善の余地がある。
ラインアウトや同軸デジタル出力があるものの、今の操作性なら直挿しかな。
私の場合PHPAを使う場合は鞄の中に入れ、ほとんど操作しないのでプレイリストが無いとつらい。
まあ、直挿し限定と割り切ればなかなかバランスは良いと思います。
さて、DX50やFiioじゃないX3はどうなのでしょうか。先の話ですがX5も...

iBasso DX50 発売日&価格

分かりづらいけど公式ページに追記が。
http://www.ibasso.com/en/news/show.asp?ID=116

価格:235~270USD
発売日:8月20日

思ったより安いね。
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。