スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Audio-gd NFB-16

NFB-16

放置してました。すいません。でも平常運行です。

Master-8と同時に購入したAudio-gdの(一応)PHPAであるNFB-16です。
放置しすぎたせいで、しばらく前にディスコンになってます。


NFB-16
フロントパネル。左から
3.5mmフォンアウト、6.3mmフォンアウト、切替スイッチ(DAC+AMP or AMP)、ボリューム、3.5mmラインイン
入出力とボリュームのレイアウトはO2と大体同じ。


NFB-16
リアパネル。左から
RCAラインイン(R&L)、同軸デジタルアウト、DCイン(上)、USBイン(下)、電源ソース切替スイッチ(USB/OFF/DCイン or バッテリー)
地味にDDC機能も付いてます。使ったことないけど。


NFB-16
PMAと大きさ比較。
横幅はPMAの1.5倍くらいあります。デカイ。


NFB-16
奥行き、厚み。
奥行きは大体同じ。厚みはPMAよりちょっと厚い。


NFB-16
中身。
天板の+ビスを全て外せば外れます。バッテリーがちょこんと乗っかっていて、スポンジで固定されているだけ。
下手したら電解コンの足がポキッといっちゃいそうな気も。
バッテリーの下にGainジャンパやデジタルフィルタ切替ジャンパがあります。
同社の据置きDAC Reference-7.1も沢山のビスを外さないとジャンパにアクセスできないのでとっても面倒。
今の設定なんて忘れちゃったよ。

ここまで載せてなんだけど、公式の方が詳しい写真やスペックがあるので興味があればそちらへどうぞ。

NFB-16's cable
持ち運びの際にDAPと分離するために長めのケーブルを作ってみた。
線材はBelden 1172A
特に拘りは無し。


NFB-16
こんな感じにすれば持ち運びは可能。バッグは必須。
ただし、リアパネルにはRCAジャックが飛び出しているので、バッグの底にフォーム等を仕込んだ方がいい。
バランスは悪いが、側面を下にすれば突起は無い。


では音について。アナログ入力にて試聴。DACはほぼ使っていないので省略。
・ニュートラル~若干柔らかめ。低域と中高域が気持ち強い気もするけど、露骨に強調はしていない。
・スッキリ、シャキッとというタイプではなく、柔らかく滑らかな印象。特に中域が滑らか。
・SR-71Aのように若干ウォーム寄りながらクリアで解像度が高く、AHA-120に勝るとも劣らない。71Aより解像度は高く、少し柔らかい。
・音場は広い。据置き機を彷彿とさせる広さ。所持しているPHPAの中では最も広い。小型のアンプと聞き比べると差がハッキリ分かる。まあ、サイズがサイズですし。
・Low Gainでは無音時のノイズはほぼ無い。Hiでは未検証。
・ランタイムは公式によると、少なくとも20hは持つはずですが、それほど持たないような。低インピのカスタムIEMしか使っていないからかな。

追記:大きさ以外の弱点もありました。ライン入力のレベルが大きいと音割れ・ノイズがあります。
具体的にはNFB-16の定格入力は1.5Vだそうで、それに対してHP-P1の出力は2Vなので定格を超え、音割れが発生してしまいます。AlgoRhythm Soloでも同様の現象が発生してしまうようです。
DX100はボリュームMAXで若干のノイズ、240では問題無し。
XD-01では問題なし。
(RENさんご指摘ありがとうございます。)


癖は少なく、相性問題もあまり無い。公式によると出力インピーダンスは1ΩだそうなのでBA機でも問題無く使える。
大きさも音質も半据置き級といったところ。ポータブルとすればたぶんトップクラス。PDAは聴いたこと無いですけど。
サイズ制限が緩い分有利というのもあるけど、価格($193)を考えれば反則的。O2でもかなり高コストパフォーマンスだと思ったが、これはそれ以上。ただしディスコン済み。
そういえば、最初期の個体はバッテリー非搭載だったようで。
スポンサーサイト
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。