Ultimate Sound

Ultimate Sound
http://www.ultimatesound.ro/en.html
https://www.facebook.com/ultimatesound.ro

ルーマニアのカスタムIEMメーカー。
設立は2012年?
ラインナップは以下の通り。

US1D
1way / 1BA / 1bore
270EUR≒35,600JPY

US2D
2way / 2BA / 1bore
480EUR≒63,200JPY

US3D
2way / 3BA / 2bores
650EUR≒85,600JPY


Sonionと提携していると謳っており、Facebookの写真を見るとほとんどモデルがその通りなのだが、説明にUS3Dと書いてあるモデルにKnowles GKと思われるBAが入っている。(https://www.facebook.com/ultimatesound.ro/photos/a.592711120771591.1073741826.357972437578795/592711617438208/?type=3&theater)
同じ時期の別のUS3DはSonion33+23だが、モデルの説明に2wayとあるし、Sonionと提携と謳うくらいだから恐らく現行はこちらの構成なのだろう。
因みに作成中の動画もアップされている。https://www.youtube.com/watch?v=qxUKRjgJjS0
スポンサーサイト

Faudio

Faudio
https://www.facebook.com/FAudioHK/
http://faudiohk.com/(まだ空白ページ)

miniwattのエンジニアであるFung Wongが設立した香港のメーカー。
カスタムIEMのKFシリーズを発売したのは2017年初め頃らしい。
ラインナップは以下の通り。

KF2
?way / 2BA / ?bores
14,800TWD(?)≒55,000JPY

KF4
?way / 4BA / ?bores
20,800TWD(?)≒77,300JPY

KF5
?way / 5BA / ?bores
25,800TWD(?)≒95,900JPY

KF Live
?way / 6BA / ?bores
32,800TWD(?)≒121,800JPY

KF8
?way / 8BA / ?bores
39,800TWD(?)≒147,800JPY


この他に22ドラのENGINEというモデルも存在(開発中?)する。
https://www.facebook.com/FAudioHK/photos/a.225660477782465.1073741828.225398794475300/502968923384951/?type=3&theater
Facebookで過去の写真を辿っていくといろいろ面白い写真が見つけられる。
Earphone KingMY IEMで取り扱っている様子。

Flicker Ear

Flicker Ear
https://flicker-ear.com/
https://www.facebook.com/flickerear/

香港のカスタムIEMメーカー。
ラインナップは以下の通り。

Circinus
2way(?) / 3BA / 2bores
2,580HKD≒36,760JPY

Pictoris
?way / 1D+2BA / ?bores
3,180HKD≒45,300JPY

Norma
3way / 4BA / ?bores
3,580HKD≒51,030JPY

Caelum
3way / 5BA / ?bores
4,680HKD≒66,700JPY

Fornax
3way / 1D+4BA / 3bores(?)
4,680HKD≒66,700JPY

Octans
4way / 8BA / ?bores
9,980HKD≒142,230JPY


Facebookの写真を見る限り使用ドライバは主にKnowlesのように見える。

Fluxx Audio

Fluxx Audio
http://fluxxaudio.com/
https://www.facebook.com/FluxxAudio/

2010年に設立されたアメリカのメーカー。
メインは聴覚保護分野のようだがミュージシャン向けのイヤーモニターの発売が予定されている。
老舗Microsonicの子会社(?)別ブランド(?)のようだ。

今のところMusic Monitorsという名称でドライバ数を1~3まで選択できる。
価格は425USD~
フィニッシュにGloss or Matteを選択できるのはユニーク。

IEM BA List (ver. 11/9/2017)


https://docs.google.com/spreadsheets/d/1jguxmYfEmZdHEGIUDvQUnfm3vhxo51WeNKKG0_oRtMA/pubhtml

※このスプレッドシートの編集権限は公開していません。
申し訳有りませんが、情報がある場合はコメント/メールフォーム等からお願い致します。

Faudio, FILAUDIO, FLUXX Audio, P·EAR·S (元harschacoustic), Warbler Audio, MUM(ユニバーサル)を追加。

AAWのV2シリーズはBellsingドライバが入ってるという噂。

Ambient AcousticsのLAMシリーズもBellsing疑惑があるが未確認。そのうち実機で確認できるかも?

Opus#1にプレイリストファイル(m3u)を入れよう。

Opus#1のFW V2.0以降からプレイリスト機能が追加されたとの発表がありましたが、プレイリストの中身が空っぽという声が頻繁に上がっていたように思います。
私も同じ症状で困っていたので、試聴会で日本代理店の方に質問したところ使えるという答えはありましたが、具体的な方法は特に発表されず半ばあきらめていました。
ところが、今月に入ってプレイリストが使えたという書き込みを見かけたので、幾つか検証してみたところ正常に読み込むようになりました。
結果的にはとても単純なことだったので、初めから何の問題もなくプレイリストが使えていた方もいると思いますが、方法を検索しても具体的な例が見つからないため、一応まとめておこうと思います。
※ここでの"プレイリスト"とは外部プレイリストファイル(m3u)を読み込んで再生させる方法であり、本体から作成するプレイリストとは別のものです。


Opus#1でm3uファイルを読み込ませる方法

① m3uファイルをMicroSDに入れる。

以上。

本当にそれだけです。
ただし、m3uファイルは読み込むが、m3u8ファイルは読み込まない(本体のプレイリストタブには表示されるが、タップすると中身が空っぽ)。
私もまさかそんなことは無いと思い込んでいたので見落としていました。
因みに私が使っていたプレイリストファイルは全てUTF-8で保存されたm3u8ファイルで、Fiio X5 / Fiio X5II / Shanling M1等で問題なく使用できていました。
もっと言うとOpus#3でも使えた気がします。

Twitter等ではMicroSDのルートにm3uを置かないと読み込まないとの情報がありましたが、私の場合はスロット1のルート/Playlists(m3u)/xxx.m3uと配置していますが、問題なく読み込んでいます。
これはもしかしたらファイルパスの記述によるのかもしれません。

以下のプレイリストファイルは使用していたm3u8ファイルの拡張子をm3uに変えただけのもので、Opus#1で正常に読み込んでいるものです。
中身は全く変更していません。

プレイリスト1


因みに以下のファイルも1曲も欠けることなく読み込みます。

プレイリスト2

1行目の#EXTM3Uも2行目、3行目のような表記でも問題ありません。
ドライブレターの指定は必要ないようです。
基本的には元々使用していたファイルの拡張子をm3uにしておけば問題なさそうです。
いろいろ検証した後は設定→初期化→DB初期化でデータベースを初期化しておきましょう。


まとめ
・m3u8ではなくm3uファイルを準備すること。
・m3uを置く場所はMicroSDのルートじゃなくてもOKっぽい。(内蔵ストレージでもOK??(未検証))

それでも読めないという方は、繰り返し検証するための読み込み時間を短縮するために小容量のMicroSDを用意し、文字コード・ファイルパスの確認をしてみましょう。


公式ではプレイリストの対応については各機種共通とのことだが、m3u8がOpus#3で読めてOpus#1では読めないことから微妙に違いがあるのかも。

Warbler Audio

Warbler Audioは2016年設立(?)の新興カスタムIEMメーカー。
開発は2010年辺りから行っていた模様。
詳しくはThe Headphone Listのレビュー記事参照
http://theheadphonelist.com/warbler-audios-prelude-a-labour-of-love/

http://www.warbleraudio.net/
https://www.facebook.com/warbleraudio/

ラインナップは現在1機種のみ。

Prelude
1way / 1BA / 1bore
1,099USD≒121,000JPY

シングルBAで勿論ネットワークも無く、特別デザインに目を引くわけでもないが、かなり強気な価格設定。
The Headphone Listのレビュー記事によると、チューニングについては企業秘密だが、音導チューブとBAの角度に秘密がある(秘密の内の1つ?)らしい。
そうは言ってもチューブの形状自体に特殊な加工が施されているようには見えないし、BA自体もSonion 23系(2323??)っぽい。
特注品の23系だとしてもそこらへんの評判の良い安いシングルBA機と価格差ほどの差を出せているのでしょうか。

FILAUDIO

ポーランドのカスタムIEMメーカー。Facebookによると2009設立らしい。

http://custom.filaudio.pl/?lang=en
https://www.facebook.com/filaudio

カスタムIEMの専業ではないらしく、以下のページではFischer Audio,やSoundMAGIC等の製品も販売している。
http://sklep.filaudio.pl/

カスタムIEMのラインナップは以下の4機種。

Filaudio1
1way / 1BA / 1bore
479PLN≒14,200JPY

Filaudio2
2way(2) / 2BA / 1bore
799PLN≒23,700JPY

Filaudio3
3way / 3BA / 2bores
1,499PLN≒44,500JPY

Filaudio4
?way / 4BA / ?bore(s)
1,799PLN≒53,400JPY

1,2,3はFacebookの写真を見れば中身はほぼ分かる。
各モデルページの説明を英語に翻訳すると2はone-way
よくある採用例と写真からTWFKと推測できるが、1wayならDWFK or SWFK
1ユニットで使うならDWFKかな?
同じく翻訳すると4はfour-way
中身の見える写真が無く、DWFK→GKと来たら次はGVっぽいけど4wayということでその線は無し。
ホントに4way?
上記2種はちょっと怪しい。
普通にTWFKとGVかも。

IEM BA List (ver. 5/4/2017)


https://docs.google.com/spreadsheets/d/1jguxmYfEmZdHEGIUDvQUnfm3vhxo51WeNKKG0_oRtMA/pubhtml

※このスプレッドシートの編集権限は公開していません。
申し訳有りませんが、情報がある場合はコメント/メールフォーム等からお願い致します。

新規追加のASEN, NF AUDIO, NocturnaL Audioについては過去の記事で紹介しています。
NocturnaL Audio Atlantisは現在開発中らしい。

canal works CW-L12aEXはネットワーク基板の付いていない1723WT07/9が入っていた。ネットワークはCW独自。
canal works CW-L07QD+は祭で確認。追加されたLowドライバは他と一緒らしい。

Cosmic Ears CE6Pはもしかしたら発売開始時と現行品で変更があるかも。

Hisenior Audioは色々追加したけど、T6とT8の仕様が変わってるっぽい。
その他モデルもユニバオンリーの物等がごちゃ混ぜでイマイチよくわからない。

JH Audio LolaはSiren Seriesじゃないんだよな?? 名前はそれっぽいけど。

Jomo Audio Flamencoはさっき見てきた。もしかしたらTWFKじゃなくてDWFKも一部入ってるかも。SWFKは無いはず。

くみたてLab NEXT 5の3種は祭の試聴機で確認。METEO推しです。

Perfect Seal Decaは購入した実機で確認。TWFKはフェイスプレートの都合上全ての半田パッド側が見えたわけではないが、恐らくTWFK
Decaに限らずTWFKを複数搭載しているモデルの帯域の振り分け方はネットワークが分からないと不明なのでかなり適当。

VISION EARS VE8もさっき見てきた。上はベントが見えなかったからSWFKで合ってるはず。

Westone 各EASシリーズはベントを完全に閉じると各ESシリーズと同等になると言っていたような気がしたのでESシリーズからコピペ。
確認はしていない。
ES80は見たけどうろ覚え。確かこんなだったような。

HEIR Audio HISOはyang@atarax_pleaseさんの情報。
https://twitter.com/atarax_please/status/818426498444980224

UM Macbethはとある情報筋より。

NF AUDIO

NF AUDIOは中国で2014年に設立されたShenzhen Ning Vatican acoustics Co., Ltdという会社のカスタムIEMブランド。

http://www.nfaudio.cn/index.html(中国語)
http://www.nfaudio.cn/en/index.html(英語)
https://shop110749998.world.taobao.com/search.htm?spm=a312a.7700824.w5002-11790252573.1.7ZcloG&search=y(taobao)

英語ページもあるが、更新をしていないのかラインナップが不完全。
というか中国語のページもリンク先が何も無いとかザラにある。

ラインナップは以下の通り。

NF2
2way / 2BA / 2bores
1,999CNY≒33,000JPY

NF3
3way / 3BA / ?bores
2,999CNY≒49,000JPY

NF3 BASS
3way / 3BA / ?bores
3,299CNY≒54,000JPY

NF4
4way / 4BA / 3bores
3,499CNY≒58,000JPY

NF4 MkII
4way / 4BA / ?bores
3,999CNY≒66,000JPY

NF6
4way / 6BA / ?bores
6,999CNY≒115,000JPY

NF6i
4way / 6BA / ?bores
6,499CNY≒107,000JPY


taobaoの各モデルページにはスペック等が一枚の画像で用意されている。
例えばNF3 BASSのページにはNF3無印との差がf特のイメージ図で表されていたり、Lowドライバに細管を使用していることが分かる。
https://world.taobao.com/item/527672893443.htm?fromSite=main&spm=a312a.7700824.w4002-11790250558.19.rCL1GX

また、特定のモデルはKnowlesドライバの搭載を謳っている。
NF6/NF6iのみKnowlesとSonion両方を表記しているので、それ以外は表記が無くても全てKnowlesなのかもしれない。

更に、NF6/NF6iはクロスオーバーに9つの素子を使用していると公言している(?)。
わざわざ素子数でこだわりを強調するのはなかなか珍しい。
※Google翻訳頼みなので間違えているかもしれません。

taobao以外でもMY EARで取扱い有。
http://www.my-ear.com.tw/ciem/nf-audio/


NF6がちょっと気になりますね...
Profile

84

Author:84
今更twitter始めました。
84@90percentPA

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数:
New entry
New comment
Archive
Categories

openclose

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Trackback
Link
RSS Link